Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

仕事始め

今年最初のお仕事は湯河原幕岩での講習会でした。

今回は”登る”ためだけの講習ではなく、自立した”まともな”クライマーを目指すという内容。
例えば、リード時のクイックドローの向きや、終了点の使い方(結び変え、トップロープ時の支点利用の方法など)を中心に講習いたしました。
f0039916_127332.jpg


幕岩には残置支点直がけTRの人々、クイックドローの向きがデタラメな人、セルフビレイを取らずに各種作業をやってる人、やたらうるさい人etc…見ていてヒヤヒヤはしますが、いろいろ説明するのに好都合な悪例には事欠きません。

でも、昔に比べたら、きちんと自分のギアでTR支点を作る人や、チョーク痕のクリーニングをおこなう人も増えてきています。徐々に進歩はしているようです。

そんななか、ケミカルボルトが打たれているにもかかわらず、抜けかけている終了点を発見しました。
(一見)緩んだハンガーを増し締めしようとしたところ、全ネジボルトごと共まわりしていたのです。
f0039916_1281092.jpg
まあ、正直、幕岩は固いのは表面だけで中身は土のような岩です。何度も使われているうちに接着が弱くなり緩んできたのかもしれません。近いうちにリボルトしておきます。
今回は、敢えて”どこ”とは書かないので、終了点を利用する際はパッと見だけの確認だけでなく、しっかりと効いているかどうかを、その都度確認するようにしてくださいね(基本中の基本)。

それから、湯河原幕岩は冬季間中(~3/31)は火気厳禁です。携帯バーナー等の使用も控えるように指導されていますので、お湯は自宅で沸かしテルモスに入れて持参しましょう。

講習終了後は、いつもの美味い海鮮料理屋はお正月休みで食べれませんでしたが、温泉はおそらく湯河原で唯一”かけ流し”(消毒剤無添加)のお湯を立ち寄り入浴させてくれる所で気持ち良く温まって帰りました。これぞ本物の湯河原温泉とも言える、大変クリアなお湯で大変オススメです。
(残念ながら、施設名を紹介すると知れ渡ってしまって入浴できなくなると困るので、どうしても知りたい方は講習会にご参加ください。ご案内いたします。)

ご参加いただいた皆さん、新年早々ありがとうございました! またのご参加をお待ちしております。
by climbworks | 2009-01-02 23:48 | Climbing