Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

掲載誌ご紹介 Climbing-JOY#02

初級者向けクライミング雑誌「Climbing-JOY」のお手伝いをしました。
f0039916_13495662.jpg


担当したのはP81~89の「クライミングウエアブランド大辞典」。やたら作業が細かく難産でした。
全ブランド網羅を目指しましたが、最終的にいくつか抜けてしまいました。ごめんなさい。

ここで、クイズです。今回抜け落ちちゃったブランドはどこでしょう?(P89のコラムに載っているブランドはのぞく)
正解の方には、、、(とりあえずこの記事を最後まで読んでみてください)


ところで、この雑誌、中・上級者の方々からはいまいち評価がよくありません。
それはなぜなのか、自分なりに考えてみました。

最新号でそれを端的に表していたのが、P74~の「最新クライミング用語集」の「あ」のところに「アクセス問題」の用語がなかったりしているところ。ロクスノ本誌のほうにもそういう傾向があるかもしれません。
確かにクライミングは楽しいし、愛好者が増えて業界全体が盛り上がれば僕らのようなこの世界でメシを食ってる人間にとってもいい。しかし、各地で登攀禁止の岩場が増えているのにメディアがこれにしっかりと取り上げ、業界やクライマーひとりひとりにしっかりと問題の意識を持ってもらうようにしなくてはいけないはずです。もちろん安全管理やオウンリスクについてもしっかりと学んでもらいたい…。

どんなに人が増えても、将来、登る岩場が減ってしまっては、この文化は人工壁でしか疑似体験できなくなってしまうかもしれません。それだけは何としてでも防がなくてはいけないと思うのです。

そう考えると、今回僕が担当したファッションのページなんて、本来の優先順位からは下がってしまうものです。
でもでも、各ブランドがそれなりに発展してもらって、余裕ができたら、ぜひアクセス問題や安全対策などのクライミング文化が健全発展するために協力していただけたらいいな、などと考えながら編集作業をしました。
どうかその節は、よろしくお願いいたします。

で、ちなみにもうすぐ「安全BOOK」改訂版を出します。広告大募集中です。
興味ある企業の皆さん、ご連絡お待ちしております!!


で、正解の方には???   うーん、どうしよう。。(アイデアお待ちしております。笑)
by climbworks | 2009-04-24 23:25 | Media