Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

あるM岩での出来事

よく晴れた日曜日、編集者のM山氏と写真素材を集めるために湯河原の幕岩へと出かけた。
校了徹夜明けのM山氏の寝坊により、やや遅めの現着。
茅ヶ崎ロック周辺だけでも100名以上の先客がいた。城ヶ崎がややこしいことになっている影響か?
これは撮影どころではないので、適当にクライミングすることにした。
まあ、幅広いレベルのクライマーが訪れる岩場なので、面白い光景はそれはたくさん見ることが出来た。

その中でも一際目を引いたのが飲酒クライマーズ。20~30歳代の男女6~7人のパーティーだった。
とにかく、ビール飲みながら、それは楽しそうにクライミングに興じていた。
そりゃ天気いいし、美味いだろう。 ま、クライミングも、もはやレジャーの一種なんだろうか!

しかしだ、アルコール入った状態でクライミングしたらどうなる?!
ビレイミスやら、終了点のかけ間違いやら、素面の時よりも格段に失敗の可能性は高まると思う。
もし、事故が起きて、それが人命にかかわるようなものだったら、間違いなく警察の事情聴取が入る。
そうすれば、またしてもアクセス問題へと発展するだろう。
しかも、幕岩は昨シーズンのてんとう虫ロックの落石事故以来、デリケートな岩場だ。
(たしか、火気厳禁が呼びかけられていた岩場だが、彼らはコンロで湯沸かしもしていた)

そんなことを思いながらも、見て見ぬふりはしなかったけど、注意まではしなかった。
だが、ひとたび問題になれば、おそらくまたこちらへと降りかかってくるだろう。
自分たちの仕事を遂行しなくてはいけないこともあったし、面倒くさいのもあった。
だけど、最後まで気になっていた。 ならば、やはり注意すべきだったのだろう。 

次は絶対注意する。 とにかく後味悪い1日だった。
by climbworks | 2009-11-16 01:48 | Climbing