Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

近況報告です

毎日たくさんの方に当ブログを訪れていただいているのに、このところあまり更新できなくてすみません。

ちょっと前の北岳取材のことを書きます。

9月20~22日 また北岳へ
ヤマケイの取材で北岳へ行きました。バットレス(4尾根)の撮影です。バットレスは今年2回目。
メンバーは二子山中央稜取材のときと同じガイドの長岡さん、モデルのNさん、カメラマンの新井さん、そして僕。

初日はお昼のバスで広河原。ゆっくり歩いて夕方に白根御池小屋到着。ここは昨年改築されたばかりで、とても快適、ご飯も美味しかったです。
翌朝3時半起床、4時半前にバットレスに向けて出発。7時過ぎに取り付き到着、登攀開始。
f0039916_2355029.jpg
写真は3P目の付近の長岡ガイド。富士山がきれに見えてました。

一応、順調に撮影をこなし、お昼過ぎには登攀終了、12時50分ごろ北岳の頂上に着きました。
f0039916_23562841.jpg

ガイドの長岡さんと頂上にて。
ご一緒させてもらうのは3度目でしたが、本当に毎回勉強になります。


30分ほど休憩して、八本歯のコル経由で広河原までイッキ下る予定でしたが、モデルのNさんがヘバってしまい、ぜんぜんスピードが上がりません。コースタイムの1.5倍近いペースです。
これはヤバイとNさんの重たい荷物を全部持ってあげましたが、それでもスピードは上がらず、17時の最終バスに間に合わない感じ…。

そこで長岡ガイドの指示で、大樺沢とバットレス沢の出合い付近から僕だけ先行して先に走って下り、タクシーをチャーターして何とかこの日のうちに下山できるよう手配をしました。
f0039916_23574834.jpg
撮影:新井和也さん

タクシー会社への連絡等を済ませ、ふたたび登山道を登り返して、タクシーのところまで走って戻れるギリギリの所までNさんたちを迎えに行きましたが、来ない…。
タクシーを待たせるわけにはいかないので、ふたたび全力で走って広河原へと戻り、山小屋に置手紙をして僕1人タクシーで夜叉神峠まで下りました。
結局、Nさんたちが広河原に着いたのは18時半。もう林道は閉鎖されているのでそこでもう1泊してもらい、僕は韮崎まで下りて室井登喜男宅に泊まらせてもらい、翌朝始発のバスで下りてくるNさんたちを夜叉神まで迎えに行き、ようやく帰京の途につけたのでした。。

途中から猛ダッシュで下山したので、足の指3本の爪の中が内出血し、腰にはひどいザックずれ。もちろん今回も両足とも凄まじい筋肉痛になったのでした。
自分のせいではないけれど、やっぱり山はキビシイなあー! 
今度は仕事抜きで行きたいです。
f0039916_2359816.jpg

by climbworks | 2007-09-27 23:18 | Climbing