Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ふたたび豊田へ

更新遅れ気味でスンマセン!
ネタ・写真素材はいっぱいあるのですが、更新作業の時間がなかなか取れず…。

で、前回の投稿の続き。

水曜日の夜=木曜日の午前3時40分、立川発。たぶん午前6時くらい東名・富士川SAで限界、入眠。午前9時、暑くて目が覚める。すると目の前にドドーンと富士山(手前はチッピンされてしまったボルダーがある例の川です)。
f0039916_171571.jpg


SAにあったスタバでラテとサンドイッチを買い込み、走りながら食す。お昼頃、現場着。
本日は単独にて作業。

とあるルートのアンカー内部。外見はステンレスハンガー&ボルトに交換されていて強そうだったのですが…。
f0039916_175019.jpg

簡単に解説すると、埋設後20年近く経過した鉄製カットアンカーはどうしても腐食が進んでしまいます。そこに硬いステンレスのボルトを入れると(さらに砂などの異物を噛んだ状態でネジを回すと)、中のネジ山を切ってしまうわけです。
写真じゃイマイチわかりづらいけど、1/3~半分ぐらいのネジ山がダメージを受けていました。
要するに、見た目ステンレスで強そうに見えても、中が腐ってちゃ、強度は極端に落ちちゃいますよね。こうなるとリボルトしかありません。

どうしても、ボルト&ハンガー交換のみで済ます場合は、アンカー内部を良く点検して、砂などの異物をブロワーなどで吹き飛ばしてからにしましょう。腐食が進んでいる場合は速やかに打ち替えたほうがいいです。あと、腐食がなくとも8㎜のボルトは緩めようとするだけでアタマが飛ぶ場合が多々あります(金属疲労?)。ステンレスでも折れることがあるので、8㎜は要注意です。

特にアルミハンガー+鉄製ボルトってのは特に腐食は進みます(電触作用ってやつです。詳しくはまた金属の専門家にfreefanに書いていただきます)。あと、最近は酸性雨ってものありますね。
んな訳で、この岩場、けっこうギリギリのボルトいっぱいありました。。。

2日目は地元クライマーの応援もあり、けっこう作業は進みました。

帰りは、うまいと評判のつけ麺屋へ。

f0039916_1142786.jpg
f0039916_1144431.jpg
なかなか、うまいもん専門のブログの人みたいにいい顔で写れません。やっぱプロは凄いです。
(ってか空腹限界でした)。

そして今回の平均燃費。 今回も満タンで1000km越えできそう。いい感じです。
f0039916_1153595.jpg

by climbworks | 2008-02-26 01:17 | Climbing