Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

無事終了です、ボルダーコンペ。

遅くなりましたが先週の土曜日(20日)のボルダーコンペレポート。

もともとはフィットネスクラブ内の小さな壁のプライベートコンペなのですが、19名が参加。
今回はちと少なめでしたが、遠くは北海道からもエントリーいただきました。
予選はビギナー・ミドル・エキスパートの3クラスに分け、1時すぎから約2時間半のセッション。
7級から1級までの9つの課題をたくさん登ったものが勝ち。全課題完登者も数名いました。
f0039916_104026.jpg


ビギナーは3名だけだったので予選のみで勝敗を決め、ミドルとエキスパートは決勝を行いました。
決勝は各クラス2課題で、オンサイト優先方式。
熱戦を制したのはエキスパートはK造くん、ミドルはT山姉さん。そしてビギナーの勝者はサトリエさん。
上の2クラスにはロックピラーズのクライミングシューズ、ビギナーの勝者にはペツルのヘッドランプ。他にも素敵な賞品がプレゼントされました。みなさん、おめでとうございました!

今回、初のクラス分けでしたが、次回から各クラスの勝者は1ランク上のクラスへ昇格、また最下位の人は下のクラスへ降格ということにしました。少ないながらなかなか厳しい世界にしてみました(笑)。

ところで、コンペと聞くとすぐに敬遠される人もいますが、まだ成長途上で、しかももっと上手くなりたいのならば、身近に開催されるコンペがあるならば、ぜひ出てみるべきです。
普段の岩場やジムでのクライミングは、自分の気分や体調が整ったときにトライできますが(最近はどこの岩場も混んでてそうでもないか?!)、コンペは自分の順番が来たら有無を言わさずトライしなくてはいけません。半ば強制的に自分を調整しなくてはいけないわけです。
それは日々のトレーニングや体調管理にも影響を及ぼしてきます。コンペと言う「節目」を利用して自分を高めることができるのです。もとろんコンペですから順位も付くし、それは他人との比較にはなりますが、勝ち負けよりも、まずは自分の成長のためと思い、ぜひ出てみましょう。
一応、次回は来年3月にロープのコンペを予定しています。トップロープ方式なので、ぜひ気軽にエントリーしてください。お待ちしております。


それで、コンペ終了後は忘年会を兼ねた打ち上げです。お仕事などでコンペには出られなかった人も宴会にはやってきてくれます。

f0039916_111022.jpg
プリン争奪ジャンケン大会やスタッフの掘り出し物オークションもあり、夜11時まで盛り上がりました(2次会組みはさらに夜中の2時過ぎまで飲み続けていたそうです!)。

f0039916_135971.jpg
もちろんこの人、うまいもん評論家にして国際ルートセッター氏も打ち上げに参加です。
また次回もよろしくお願いします!!

そして、ご参加いただいた皆様、お疲れさまでした&ありがとうございました!!
by climbworks | 2008-12-23 23:20 | Climbing