Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:Prius( 47 )

超ひさびさにプリウスの燃費報告です。
暖かくなってきて11万㎞走っているプリウス絶好調!

寒い時は20㎞/L走らせるのがやっとなのですが(下手すると18㎞/Lまで落ちる)、
今日は暖かくて、満タンから154㎞走って、26.6㎞/Lと好記録。
しかもこの記録はスタッドレスタイヤ&ルーフBOX積みっぱなし、トランクにギア満載での数字。
BOXを下して、夏タイヤに換えれば、30㎞/Lぐらいまでいったかもしれません。。
f0039916_19306100.jpg


タイヤと言えば、4月から各メーカー値上げになるのをご存知でしょうか?
まだまだ雪山に通うので、もうしばらくはスタッドレスで走りますが、今日滑りこみで
寿命を迎えていた夏タイヤを注文してきました(じつは夏タイヤは新車購入時から1度も交換してない!)。

本当はヨコハマのEarth-1か、ダンロップのエナセーブ97が欲しかったのですが、
16インチは6万以上と高すぎて断念。ダンロップの中級エコタイヤ、エネセーブEC202で妥協しました。
価格は交換工賃・廃タイヤ処分代込み4本で、49,010円(195/55-16)。

ちなみにタイヤは青梅に支店のあるフジコープレーションで注文。
このショップは自動後退などより安いのもあるのですが、本社が宮城県にあります。
僅かでも震災支援になればと思います。

というわけで、タイヤ交換予定の方はお早めに!
by climbworks | 2011-03-29 19:34 | Prius

プリウス燃費報告

いろいろ忙しすぎて、また更新が滞りがちです。ごめんよ。

そんな中、プリウスの燃費が過去最高をマークしているので、お知らせします。
f0039916_23162799.jpg

前回満タン時に燃費計をリセットしてからの数値です。生涯燃費ではありませんので悪しからず。。

昨日あたりから蒸し暑くってエアコン入れて走ったりしているので若干落ちましたが、
それでも28.0/L以上をキープ。一時は28.9km/Lまでいきました。

ちなみに現在、人間の方は、風邪っぴき中で、鼻水だらだらで辛いです。
by climbworks | 2010-06-28 23:22 | Prius

プリウス HIDバルブ交換

昨年末ぐらいから右のヘッドライトが点いたり点かなかったりしてたので、バルブ交換にトライしました。
20型GTはHID(クセノン/ディスチャージ)タイプのヘッドライトです。

作業前にネットでいろいろ調べたけど、「狭くて断念」「ディーラーでバルブ代込みで2万円ぐらいした」
とかいう情報ばかりで、「自分でやりました。楽勝です」みないな情報はまるでなし。

ハロゲンバルブの交換例はいくつか見ましたが、それでも「狭くて大変でした」というのがいくつかあるだけ。
半分電気自動車のプリウスで、しかもHIDは高電圧なので、敬遠されるのも無理もありません。
いくつか散見された情報では「バンパーを外してライトユニットを外さないとできない」という情報。
(そもそもプリウスの取り扱い説明書にはヘッドライトバルブ交換の説明項目がない!!)

しかし、自分の車のヘッドライトのバルブ交換もできないなんて納得いかなかったので、
とりあえずトライしてみることにしました。

後期20型のHIDバルブは35WのD4Cタイプ。独フィリップス社製4700ケルビンのものです。
まずはネットで交換用の安いHIDバルブを探して注文。最安のはあまりに品質が心配だったので、
それより少し高い一応1年保証付きのにしました。
明るさは少し上げてギリギリ車検対応の6000ケルビン(これ以上の明るさは車検不対応)。
ちなみにオートバックスなどで純正と同等品を買うと安くても1万5~6千円します。ひぇ~。

最初はボンネットを開けて、(運転席から見て)左はヒューズボックスのカバー、右はエアダクトみたいなのを外して、少しだけライト裏のスペースを広げて、指を突っ込んでバルブのカバーを回そうと試みましたが、ネットの情報どうり猛烈に固くて、クライマーの指力をもってしてもビクともしません。
片側だけ30分ぐらい粘りましたが、指が痛くなり、工具を使って割ってしまったという情報もあり、断念。

日をあらためて、少し早い時間から再び作業開始しました。今回はバンパー降ろしにチャレンジです。

使う工具は
・プラスとマイナスのドライバー
・10㎜のソケット式ラチェットレンチ(短いプラスドライバーでも代用可能だけど、時間かかると思う)
・ラジオペンチ

まずはバンパー下に傷防止のためにウエスなどを敷き詰め、バンパーを固定しているネジなどを外します。
f0039916_22501638.jpg

バンパー下は7ヶ所、バンパー(グリル上)はネジ2ヶ所とピン3か所、フェンダーの裏に左右1ヶ所ずつ。
これらを外し終えたら、バンパーの両サイドはハマっているだけなので、これを引っ剥がすとバンパーは
(たぶん)外れます。外す瞬間は手伝いの人がいたほうが楽だと思います。
f0039916_2251997.jpg

僕は1人だったので、バンパーの下にロープバックを突っ込んで作業しました(これはかなり有効)。

バンパーを外したら、ライトユニットを固定している3つのボルトを外します。3つのうち2つまではバンパーを
外さなくても緩めることができます。最後の1本(左右で2本ね)がバンパー裏にあるのです。
f0039916_22513542.jpg

そうするとライトユニットを前にずらすことができて、バルブのカプラーカバーを外すことができます。
当然のことながら、ライトはもちろん、システム全体は電源OFFで!(じゃないと感電するよ!)
(オーディオやら時計やらパワーウインドウやら後が面倒くさいので補機バッテリーは外しませんでした)

f0039916_22523615.jpg
あとはカプラー(HIDは高温になるので金属性)を1/4回転回して外し、H4タイプのハロゲン球などと
同じようなピンで固定されています。これを外してバルブを交換します。
もちろん、バルブのガラス部分を素手で触らないように細心の注意を払って交換します。

バルブの交換が終わったら、バルブカバーをしっかりと閉めた段階で、点灯テストをします。
ちゃんと点灯することが確認できたら、あとは逆の手順で組み上げていきます。
所要時間はだいたい1時間半ぐらいだったと思います。

ネジやピンがたくさんあって(微妙に固いのもあって)面倒くさいですが、作業自体は接着剤を使わない
プラモデルのような感じでそんなに難しいものではありません。
バンパーがでかくて大変なのと、HIDゆえの感電事故のリスクがあるくらいですね。

で、明るさですが、6000ケルビンにして良かったです。やや対向車迷惑かもしれませんが、超・明るい。
f0039916_22533237.jpg

実は8000ケルビン以上の明るさはやたら青白いばかりで、視認性自体は逆に悪くなっていくのです。
それにヤンキーみたいでアホのようですからね(十分アホっぽいかもしれませんが…)。
小川山のキャンプ場で夜中にバカに明るいライトの音のしない車が現われたら僕だと思ってください(笑)。

f0039916_2254387.jpg
ずっと前にLED化したポジションランプと色温度が合って、いい感じになりました。
あとは安物バルブゆえの耐久性だけが心配ですが、こればかりは使ってみないとわかりません。

最後に改めて書きますが、作業はあくまで自己責任でお願いいたします。
自信がない人はディーラーやカー用品店に依頼してください(工賃バカ高いけど・・・)。
当ブログを見て作業されて、万一、車輌の破損や死亡・怪我をされても責任は一切負いません!
by climbworks | 2010-05-10 22:55 | Prius

プリウス大破

ついに、やっちゃいました。

久しぶりのプリウスネタだったんですが・・・。

f0039916_23125228.jpg

というのは嘘で、詳しくはまた後ほど。
by climbworks | 2010-05-08 23:13 | Prius
f0039916_1303618.jpgいつもは5~6000kmに一度オイル交換するのですが、
気がつけば、前回オイル交換から1万km以上走っていました。
それだけ忙しかったってことだけど。

エルフのフルシンセ0W-30を入れました。4Lで6000円ちょっとと、
やや高いけど、距離走るし、たまに回すし、仕方ありません。
今回交換時、9001694016km。もうすぐ10万km達成です。

そんなプリウス号ですが、月曜日に秋川・天王岩往復で燃費27km/L以上を達成。
同コース上り・下りの往復なのでリアルな数値と言えるでしょう。
まだルーフボックス積んだままなのに調子良いです。


天王岩ですが、釣り場のスタッフの方の話を聞くと、心ないクライマーの恥ずかしい行為の数々。
すべてがクライマーの仕業ではないだろうけど、話の内容から、多くがクライマーの行為なのは間違いなし。
あれじゃあ、駐車場の利用を断られても仕方ないですね。

今後のことはJFAのサイトに随時載せていきますので、天王岩利用予定の方は必ずチェックしてください。
当面の間は、クライマーはマス釣り場の駐車場を利用できません!
神社付近の空き地も駐車禁止です。電車・バスなどをご利用ください。f0039916_1434156.jpg

とにかく、岩場は人が急増しています。
大半はマナー良い人たちですが、
残念ながら、行儀悪いのが確実にいます。
岩場を守るために、どうかよく考えて行動してください。

私たちの安全とフィールドを守るために。
「安全BOOK2」 まだまだ無料配布中です。

※送料のみ、ご負担ください。
   3冊まで…100円
   6冊まで…200円
  20冊まで…600円 
 
 郵便番号・住所・氏名・連絡先などを明記の上、
希望部数に応じた切手をfreefan編集部まで送ってください。

 〒190-0032
 東京都立川市上砂町5-32-3-409 freefan編集部「安全BOOK発送係」あて
           
by climbworks | 2010-04-20 23:21 | Prius
昨年末よりトリプル締め切り地獄で、なかなか更新できず、すみません。
基本、ひきこもり(デスクワーク)の毎日で、あまり新しいネタがないのですが、昨年のことをこれから
いくつか紹介していこうと思います。

先月の中ごろですが、ホンダのハイブリッドカー”インサイト”に遅ればせながら試乗しました。
うちのもう1台の車・フィットの代車だったわけですが、30kmほど乗りまわしました。
f0039916_23342353.jpg

正直、ドライブフィールは悪くありませんでした。プリウスよりもむしろ自然な感じ。
しかし、燃費に不利なチョイ乗りの連続ではあったものの、己のエコ運転技術を駆使しましたが、
燃費は18.6km/Lまでしか伸ばせませんでした(昼間、暖かい時間帯に一時20km/L以上いきましたが…)
同じような乗り方をしたら、少なくともプリウス(僕のは20型GTP)では21~22km/Lはいくと思います。
(おそらく30型プリウスであれば24km/L前後はいくのかな…)
f0039916_23344595.jpg

しかし、価格差を考えると、インサイト189万円(税込)、プリウス205万(同)。 [※ともに最安グレード]
16万円の差があるわけですが、5年間で償却するとすれば、年間1万kmも走らないような人であれば、
ぜったいインサイトをオススメしますね。距離を乗る方、高速走行が多い方ならば、もちろんプリウスです。
でも、今のプリウスの低価格化はインサイトの189万円というのがなければ、無かった話ですので
僕はインサイト(ホンダ)の功績は非常に大きいと思っています。
(新型プリウスは、省コスト化で安くはしただろうけど、205万円というのはおそらく儲けナシだと思います。
だからたぶん、いくらプリウスが売れても、トヨタはなかなか業績が回復しないのです。)

ところで、ひとくちにハイブリッドカーと言っても、ホンダ式とトヨタ式では仕組みが違いますから、
ライフスタイル(走行距離で、元が取れるか、取れないか)に応じて選ぶのがいいと思います。

ちなみに、今年の夏~秋にフィットのハイブリッドが発売される予定みたいですね。
我が家でも8年乗った初期型フィットをフィットハイブリッドに乗り換えることを検討しています。
また、ホンダからは2月にはスポーツハイブリッドのCR-Z、来年には、低価格なコンパクトなミニバンタイプの
ハイブリッド車の発売が決まっており、こちらも楽しみです。
by climbworks | 2010-01-08 23:37 | Prius

Prius冬支度

ハイブリッドカー・プリウスはラジエーターの水温が下がりすぎると、余計なアイドリングを繰り返し、
燃費が著しく落ちてしまいます。
そこで。「グリル塞ぎ」なる技を使うのですが、夏の間、空けていた下段右半分のグリルを本日塞ぎました。

方法は至って簡単です。グリルの幅に切った塩ビシートに穴をあけて、タイラップで固定するだけ。
右はしの部分にはハイブリッドシステムの冷却ラジエターがあるそうなので少し空けときます。
(ちなみに30型は上のラジエターにハイブリッドシステムの冷却装置があるそうです。進化してるな)
f0039916_17171246.jpg


水温が高めのときの風量調整用スライド窓も設置(ここはまだ改善の余地あり。わかってんだけど…)。
f0039916_171737100.jpg


完成形はこんな感じ。上のグリルはRがあるので、同じ方法ではできません(過去記事ご参照を!)。
極寒になったら、さらに隙間に詰め物をして、ボンネットの下に保温シートを装着します。
f0039916_17195117.jpg


それでも冬は寒いプリウスです。そして燃費はガタ落ちです。EV車なんてもっと寒いんだろうなー。
週末にはスタッドレスタイヤに換装予定。 いよいよ出撃ですよ~♪
by climbworks | 2009-11-25 17:22 | Prius

点検と試乗

うちの20型プリウスが納車後3年と6ヶ月を迎え、定期点検に出してきた。
6ヶ月点検は問題が無ければ30分ほどで終わるので、待っている間、新型(30型)の試乗をさせてもらった。
f0039916_073635.jpg


かなり値段が安くなったので、どうかなーって思っていたけど、足回りやシートなどは予想していたほどは悪くない。
走行音もさらに静かになっている。

しかし、そのへんをグルッと試乗した(街乗り)程度ならば、20型のほうが燃費が良さそうだった。
やはり、エンジンの排気量が1500→1800cc に、モーター出力も上げられているので(その分、バッテリー負荷は高まる)、カタログ通りの数値を出すには、もう少し早いスピードで長距離を走らなきゃいけないのだろう。
欧米市場を意識した結果かな?

エコ運転に不可欠のエネルギーモニターは機能は増えているものの、先代のほうが絶対に見やすい。営業さんは「前方からの視線移動が少ないのです」とは言っていたが、あれでは凝視しなくてはいけないので、かえって危険である。

あと、最大の退化はシフトレバーの位置(センターコンソールの形状変更)。20型ではウォークスルーで助手席側へ楽に移動できたが、30型ではそれができない。オートクルーズで走行時に左足をリラックスさせるっていうのもできない。すべて電子制御のプリウスのシフトレバーなんだから20型の位置や大きさが絶対にいいと思う。負け惜しみではなくって。

点検から上がってきた自分の20型はバッテリー活性率がほぼ100%でまだまだ行けそう。ちなみに現在の平均燃費は24.8km/L。エアコンを使わなくなるこれからの季節はもっと伸びるでしょう。

しかし、新車の試乗車から75.000km以上走った自分のに乗り換えると、サスペンション(ショック)がヘタっているのが良くわかる。安全のためにもそろそろこれは交換しなくてはいけなそうです。お金貯めなきゃ!


余談ですが、今回の新型プリウスの試乗に同乗した営業さん、なんとうちの近所のクライミングジム(マーブー)の店長と同級生なのだそうです(2人は三鷹出身・在住)。世の中狭いなーって思いました。
by climbworks | 2009-09-11 00:13 | Prius

逆襲なるか?

ついに日産から発表されましたね。使えそうなサイズのEV車が。
f0039916_3217.jpg

こいつの航続距離がラクに小川山往復できて、また充電のためのインフラが整備されて、
なおかつ価格が300万を切れば、”買い”ですかね?

しかし!
今のところフル充電で160km程度しか走らないようです。ちょい乗りメインならばともかく、遠出はまだまだですね。

詳しくはコチラ
f0039916_322441.jpg

by climbworks | 2009-08-04 03:03 | Prius
僕の乗るプリウス(20型)で、満タン走行距離世界新記録が出たそうです。

九州で7名の燃費オタクたちが集い、走行総時間63時間35分。
走行距離は2369.4km。
平均燃費は、39.9km/Lだったそうです。 ひえ~っ。

しかし、実際は好燃費のためにチンタラ走ったはずなので、実用的な街乗り速度ではないでしょうが、
でも、でも、到底マネできません!!

詳しくは、、

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20090723_304174.html

http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20090727_305259.html
by climbworks | 2009-07-28 23:16 | Prius