Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Music( 15 )

さあ、選挙に行こう!

もうすぐ統一地方選挙ですね。僕の住む東京でも知事選挙があります。

世間では斉藤和義さんのパフォーマンスが話題を呼んでますが…
まずは音楽ビデオをどうぞー。

”Love Me Tender”のなかでも特にお気に入りの The Timersバージョンで。
多少、映像が乱れますが、このバージョンが一番好きです。



青春の1曲です。RCのバージョンで。
クライミングを始める前でした。今は54基だっけ?



その後、電力会社やプラント会社の圧力などもあって放送禁止になり・・・
それにムカついたゼリーさんによる意図的な放送事故?
(2曲目に注目です。3曲目は一転して心洗われるスーパーカップ。笑)



さあ、選挙に行こう!
by climbworks | 2011-04-09 01:28 | Music

Gary Moore 逝く

青春時代(主に中学・高校)のギターヒーローの一人、ゲイリー・ムーアが急逝しました。
アルバムを買いあさり、ギタープレイをコピーして、ライブにも何度か行ったな。
20年ぶりの再来日も決まっていたのに…。

ゲイリーは、ブルースをベースにした超絶なテクニックで、フュージョンからハードロックまで
とにかくすごいギタープレイを聴かせてくれました。
”Always Gona Love You”は高校の音楽の時間にコピーしたなぁ。
”Hiroshima”など反戦をテーマにした曲も心に残っています。

あの”泣き”のギタープレイをもう聴けないと思うと本当に悲しいです。



ご冥福をお祈りします。
by climbworks | 2011-02-08 00:47 | Music

おおたえみり

たまには音楽ネタでも。f0039916_0351919.jpg

敬愛する安藤さんに教えてもらった新人シンガーソングライター
おおたえみり”さんに最近ハマっています。
(教えてもらったって言ってもラジオ経由ですけど…)

「みんなのうた」にでも出てきそうな透き通ったハイトーンボイスが
ときに重々しく、ときにゆらゆらと不安定に、グサグサと、スーッと、
独特の旋律にのって僕の突き刺さってきます。そこがなんとも
心地よい。

そして、歌詞も非常にスバラシイのです。たとえば、
「君は間違っていたんだ、関東弁の集合体!」(やられました)

一聴するとケイト・ブッシュのような感じですが、
プログレ、グラムロック、そして日本的なポップス etc・・・
音楽性の幅はケイト以上なような気がします。

ピアノ弾き語りが基本スタイルのようですが、
おそらくはすべての楽器を演奏してるんじゃないでしょうか?(違ってたらごめんなさい)
安藤さんも言ってましたが、まさに「天才」。

このクソ忙しかった数ヶ月間、一晩中聴いてることもよくありました。

関西をベースに活動されていて、まだメジャーデビュー前のアーティストさんですが、
かなーり将来有望と思われます。
(次に関西に行く時は絶対にライブに行ってやるっ!)

CDなどはまだ発売されていないようですが、mayspaceで6曲試聴可能です。オススメです♪

みんなで応援しましょう!

-myspaceプロフィールより-
幼少の頃よりピアノに親しみ、14歳で曲作りを開始。2007年The 1st Music Revolution JAPAN FINALにてグランプリを受賞。翌年より地元西宮にてマンスリーライブをスタートする等定期的なライブ活動やオリジナル楽曲の制作を行い現在に至る。その音楽性はポップスからアバンギャルドまですべてを飲み込み、自らアレンジするサウンドに乗せて歌う世界観は唯一無二、スタンダードとノンスタンダードの境界線が極めて曖昧なニューオルタナティブ・ポップ・ミュージック。(ナオヤとえみりとメロキチの新春3マンSHOW!フライヤーより)

オフィシャルサイト  http://1hp.jp/?id=oe
by climbworks | 2010-04-16 23:29 | Music

君が僕にくれたもの

超・久々に音楽ネタで。   (←と、思ったが、つい先日ビートルズのUSB音源の話を書いたばかりだった)
安藤さんの9枚目のシングルが発売になりました。
「ラフマベティ~君が僕にくれたもの」というタイトル。
人気DSソフト「レイトン教授」の最新バージョンのエンディングのテーマソングにもなっているそうです。
2曲目に懐かしのYMOの名曲、「君に胸キュン~浮気なヴァカンス」のカバーが入っています。
が、3曲目に入ってる「人生お見舞い」という曲がなかなか良いです。
f0039916_1314653.jpg

     写真は僕が撮ったものではなくて(当たり前か?!)、タワレコ購入特典のポストカード。
     なんと安藤さんの手にはPENTAXのK-7。僕と同じカメラです。 やっぱりツウは違うね!ふふふ。
by climbworks | 2009-11-25 01:24 | Music
今年、9月に発売されて全世界でヒットしているビートルズのデジタルリマスター盤。
もちろん、僕もとっても欲しいのだけれども、BOXでまとめて買うにはちと勇気の要るお値段。
ラジオなどで数曲聴いたけど、やはりすばらしい♪ もともとすばらしい楽曲が、現代最新のデジタルリマスタリングされているわけだから、すばらしいのは当たり前だけど…。

そうこうしているうちに、こんなものが発売されていた↓

f0039916_21145276.jpg


もはや「盤」じゃないよね?!

リンゴのヘタの部分を引く抜くとUSBメモリになっていて、そこにアルバム14枚分の音源が収録されている。
BOXセットに付いているライナーノーツなどの画像もデータで収録。
オーディオ・コンテンツは、CDをしのぐFLAC 44.1Khz 24 bitで収録され、加えてMP3 320Kbpsフォーマットでも収録。Win/Macに両対応。

レコードからCDになったときも抵抗を感じたけど、USBって…。 でも、このリンゴ型は素直にかわいい。。
うーん、やっぱ欲しい。
by climbworks | 2009-11-13 21:18 | Music
青山ロックンロールショーへ行って参りました。
f0039916_312376.jpg

仕事を終わらせ午後5時すぎに青山1丁目駅に到着。斎場は最寄駅は乃木坂ですが、6時間待ちとかの情報を事前に得ていたので、迷わず青山側からアプローチ。斎場のHPに最寄駅は乃木坂と書いてあるから仕方ないですね。ネット時代は情報を鵜呑みにしないことも大切。
それでも長期戦を覚悟し、コンビニで食料や飲料を買い込み最後尾に並ぶ。
f0039916_315959.jpg

代表曲がかなりの音量でここまで聴こえて来る。さすがロック葬。6時を回ったところでややボリュームダウンか?
f0039916_321960.jpg
1時間ほどで乃木坂組みと合流(彼らは3~4時間並んでここまで来たらしい。合流地点は写真人の列の先のの森の奥)。
f0039916_33083.jpg
さらに1時間ほどで斎場内に入る。記帳して特典?ポストカードを受け取る。ここからも結構長い。人・人・人。
f0039916_342324.jpg
いよいよ僕の献花の番。花は斎場側が用意してくれていた。
f0039916_345167.jpg
祭壇。 遺影、位牌、骨壷。
さすがにここでは目頭が熱くなりました。

f0039916_352149.jpg
斎場を出た所にこれらが展示されていた。
f0039916_355010.jpg
一番ぐっときたヘルメット。

ありがとうございました、清志郎さん。
あなたの生き様のごく僅かでも受け継いで生きていくようにがんばります。
安らかにお眠りください。


記帳者に手渡されたポストカード。5万枚用意されたそうです。
                              (表)
f0039916_3174162.jpg

                              (裏)
f0039916_3175824.jpg

by climbworks | 2009-05-09 23:58 | Music

追悼_忌野清志郎さん

夜空の誓い




もう皆さんご存知でしょうが、偉大なロッカーが5月2日、逝ってしまいました。

常に反戦・反権力・反原発などパワフルなメッセージをロックに込めて発していました。
大袈裟な言い方かもしれませんが、僕の生き方や考え方に少なからず影響を与えたと思います。

彼の関係したプロジェクトの中でもRC以外で一番好きだったHISの「夜空の誓い」をご覧ください。
たぶんHISのアルバムは1000回以上聴いています。冬美さんもきっと涙されていることでしょう。


モノ書きの端くれとしては、
「軽薄なジャーナリスト」や「言論の自由」などの曲も忘れないようにしたいと思います。


一般も参列可能な告別式は、5月9日(土)、青山葬儀所でとりおこなわれるそうです。
できれば最期のお別れに出向きたいと思っています。


ご冥福を心よりお祈りいたします。
by climbworks | 2009-05-08 00:14 | Music
安藤裕子さんのアコースティツクライブを観に横浜へ行ってきました。
f0039916_23191829.jpg
    (当日の大さん橋から横浜港の様子。どんより曇ってました)

会場の大さん橋ホールは4年前の横浜トリエンナーレ2005のオープニングパーティー以来。
トリエンナーレの時は立食パーティーだったのですが、今回は体育館で卒業式って感じでした。
席は前から10番目でド真ん中。よーく見えましたよ♪

セットリストは以下の通り。

1.ニラカイナリィリヒ
2.星とワルツ
3.あなたと私にできる事
4.ポンキ
5.パラレル
6.雨月
7.忘れものの森
8.青い空(新曲)
9.チームアンディの唄
10.Little babe
11.唄い前夜
12.隣人に光が差すとき
13.The Still Steel Down

アンコール
14.のうぜんかつら
15.新曲(曲名不詳)

個人的には、ポンキ、雨月、The Still Steel Downあたりがグーでした。

    ↓これが安藤さん。(現在はショートカットになってます)
f0039916_23211458.jpg


この後、安藤さんのアコースティックツアーは続きますが、2/6の高知公演以外は全席SOLDOUT。
四国の人はぜひ見に行ってあげてください!!
by climbworks | 2009-01-31 23:11 | Music
昨日の事ですが。お世話になっている広告代理店の方にご招待で、
BlueNote東京デイビット・サンボーンのライブを観て来ました。
f0039916_3115313.jpg

ちょっと音楽好きならば、名前ぐらいはご存知かと思います。
コンテンポラリージャズのサックス奏者なんですが、デビット・ボウイやブルース・スプリングスティーンなどロック系のミュージシャンとの競演も知られてますね。

これまでロックかポップスのライブばかりで、
ジャズ&フュージョン系は初めてだったので、とても新鮮で、楽しめました。いやぁ、パワフル!
やっぱ、音楽はライブですね。アタマがリフレッシュされます。
お酒も料理もなかなかで、素敵な夜でした。A野さん、どうもありがとうございました!

お言葉に甘えて2ndステージまで聴いていたら(しかもBOX席で)、終電ギリギリの時刻。
ホロ酔い気分で表参道駅までダッシュ。千代田線で原宿に出て、山手線を待っていると来ない!
なんと人身事故で大幅遅れ。結局、西武線の最終(拝島行きが終わるの早すぎ!)に乗れなくて、
中央線の各駅で立川まで行き、あとはタクシーか歩き、ってことになりました。
しかし、タクシー乗り場は長蛇の列。
車だと15分ぐらいの距離なので歩くことにしたのですが、これが意外に遠いのなんの。
結局、1時間半近く歩く羽目になり、帰りついたのは2時近かったのでした。。。

都心で夜遊びするのはなかなか気合いが要りますな。若けりゃ”ALL”ってのもアリでしょうけど…。

今月は都心で忘年会があと2~3回ある予定なので、次は余裕をもって切り上げたいと思います。
by climbworks | 2007-12-09 23:55 | Music
今日は宮城の俺さん、徳島のTAOさんの誘いで今年1発目の忘年会でした。
なんで東北と四国のクライマーと忘年会なのかと言うと、
たまたま2人が同じ時期に東京に出張に来ていて、そんじゃ飲もうか?ということになった次第。
さらに俺さんの弟子の宮城クライマー2名も合流して、楽しい宴となりました。

大都会東京のクライマーはどんどん増え続けていますが、
地方の少しずつ増えるクライマーに比べ、その多くがイマイチ中身がともなってない。
(もちろん、まともな関東クライマーも大勢いるけどね。。。)
それに引きかえ、じっくり育つ彼らの熱いクライミングスピリッツはとても羨ましく思えました。

そのTAOさんが3月に沖縄で挙式をするそうで、俺さんも先日お子さんが生まれたばかり。
なんかメデタイ感じでした。


沖縄といえば、ジュゴン。
そのジュゴンを守るために、Coccoが動き出しました。
詳しくは以下の映像をご覧ください。10分以上とやや長いですが、心して!
http://www.cocco.co.jp/popup/index.html

全国発売もようやくされたようです。
こういうアーティストの活動には、強く賛同していきたいと思います。

岩場だけでなく、僕らには守らなくてはいけないものがたくさんあります。
by climbworks | 2007-12-02 23:45 | Music