Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Snow( 46 )

またまた更新が滞りがちで、すみません。。

いろいろなことやってたのですが、6月4日、夜行・日帰りで富士山に行ってきました。

今回の山行目的は、、、

①昨年暮れに富士山で亡くなった友人のカメラマンの追悼(偲ぶ会に仕事で参列できなかったため)。
②過去2回富士山に行ってるけど、まだ剣が峰までは登っていないので登頂を果たす。
③09/10シーズン滑り納め。
④運動不足解消(ダイエット)。

登り(特に9合目前後)、超つらかったけど、無事登頂できて、すべての目的を達成できました。
(詳しくは、余裕あったら書こうかな)

とりあえず今は明日締め切りの仕事をやっつけ、終わったら岡山に飛ばねばなりませぬ。

f0039916_021203.jpg
     朝6時30分、登山開始。雪少ね~。7合目まではフツーの登山です(泣)。
f0039916_0214361.jpg
     U巨匠、お待たせして悪かったです。どうぞ安らかに。合掌。
f0039916_022268.jpg
     最後は根性で登りました。午後2時、ギリギリの滑降開始(汗)。
f0039916_0251421.jpg
     今回初めてご一緒した変態テレマーカーのK澤さんは何と安藤さんファンでした!(笑)

f0039916_0312091.jpg
    今回のチームメンバー。シャッターは7合目で回収した遭難しそうになってた一般人に押してもらいました。

     疲れたけど、良い山行でした。やっぱり富士は日本一の山でした。
by climbworks | 2010-06-07 00:38 | Snow

乗鞍岳登山&春スキー

5月22日。何となくクライミングシーズンに突入してますが、前から行ってみたかった北アルプスの
乗鞍岳に登ってきました。スキーは1ヶ月以上ぶりで、3000m以上の山は昨年4月の御嶽山以来です。。
体力的に超心配。。。

朝3時過ぎに立川発。上信越道の藤岡IC(ららん藤岡)で仲間と待ち合わせして車を1台に。
7時過ぎに三本滝の駐車場に着。8時過ぎの位ヶ原山荘行きのバスに乗る予定が、さすが土曜日。あまりに人が多くて第2弾便に。そんなわけで9時半過ぎに位ヶ原山荘をのんびり出発。
f0039916_0295236.jpg

しかし、久々の登山で息が切れる切れる。やはり今シーズンの登りこみの少なさを痛感しました。
それでも何とか3時間弱かけて乗鞍岳の主峰・剣ヶ峰(3026m)に登頂成功!(バックは御嶽山)
f0039916_0302471.jpg


ゆっくり昼ご飯を食べて滑降開始。いちばん面白そうな頂上直下の斜面を滑りました。
黄砂で雪は汚れていましたが、なかなか良いザラメ。登りかえしてもう1本滑りました。
途中、雷鳥さんにも出会えましたよ。
f0039916_0312270.jpg


f0039916_0315180.jpg
フィットネスクラブのお客さんKさんの華麗なターン。とても60歳以上とは思えない元気オヤジです。
ツアーコースを雪の残っているところまで滑り降り、最後はゲレンデを20分ほど歩いて三本滝に戻りました。

f0039916_033234.jpg
滑り降りた斜面(登りは右の尾根のほうから)。
久々の登山&スキー、やはり楽しかったです。今シーズン残すは富士山のみ。天気良いといいな!
by climbworks | 2010-05-24 00:39 | Snow

ボルボと雪上車

またまたブログ放置してすみません。
冬なのに仕事が微妙に忙しく、確定申告を提出し終えたのも25日(!)という始末でした。

そんな状況でしたが、仕事にかこつけつつも、スキーにもそこそこ行きました。

3月6・7日  てれまくり in 黒姫高原 (※一応取材)
  12・13日 ボルボ取材 in 蔵王  (しかし滑りは1日だけ)
  18・19日 ガイドお手伝い 妙高・三田原山 (18日はゲレンデ練習)
  26・27日 家族旅行 白馬  って感じです。


その中でも、13日の蔵王の遠苅田岳をキャット(雪上車)で行った時の写真を少しだけご紹介。
ボルボとのタイアップ取材でした(撮影・新井和也)。

宮城県のすみかわスノーパークの運行するキャットに揺られて40分。樹氷原で観光客とバイバイです。
f0039916_0555661.jpg


そこからハイクアップ20分ほどで遠刈田岳山頂に到達できます。3月でもエビのしっぽバリバリ。
f0039916_0563953.jpg


山頂の北側には蔵王の”御釜”がのぞめます。もちろんカキンコキンに氷結。風はビュービュー。
f0039916_131671.jpg


最後は遠刈田岳の東面の大斜面を滑降! はるか眼下(ちょうど頭の上のあたり)に雪上車が見えます。
f0039916_057537.jpg


使った車輌はボルボXC60。ロングドライブも超快適でしたよー。
f0039916_114613.jpg


そんなお手軽バックカントリー取材の模様は、間もなく配布開始のField Life 2010春号に掲載されます。
良かったらご覧くださーい!



 
by climbworks | 2010-03-29 23:35 | Snow

白馬乗鞍岳登頂&SKI

日曜日に白馬乗鞍岳に登山&SKIに行ってきました。
メンバーは前回に引き続きカメラマンのKAZ氏と、KAZ氏の大学時代の友人Sさん。

皆、仕事が忙しくてスキー場出発が10時。しかもゴンドラ乗り場が混んでて、
ハイクアップを始めるポイント出発は11:40という超ナメたスロースターターぶり。
しかも天狗原手前ぐらいからガスが濃くなり、いやーなムード漂う。
f0039916_352640.jpg


だけど、ここは持ち前の晴れ男ぶりを発揮し、天狗原を抜けて最後の登りに入るところから
みるみる視界は良くなっていったので、時間遅めだけど、登高継続。
f0039916_3525377.jpg


14:30 白乗登頂。なんか別の星に来たみたいで、超・気持ちいい!
f0039916_3531384.jpg


しばし休憩後、15時滑降開始。 ギットギトに荒れた斜面を避けて、トラバースしたのが大正解。
f0039916_3535343.jpg

ややクラストした部分もありましたが、重めでしたが、おおむねパウダーを楽しめました。
f0039916_3545196.jpg


しかし、天狗原から下は、視界不良でここから滑降した人たちも多かったせいか、もうトレースだらけ。
しかも、雪は重く、部分モナカ状で、テレマークにはかなり厳しい雪質でした。冬の終わりを予感させられました。
f0039916_3554223.jpg

15:40自然園着。

スキー場に戻り、しばし休憩後、一気にゲレンデを滑り降りたら、足パンパンになりました。17時P着。

大町でメシ&温泉後、僕は翌日の現場(岐阜の瑞浪でリボルト勉強会)へと向かいました。

写真提供:KAZ
by climbworks | 2010-02-24 03:59 | Snow

超・ひさびさのスキー

日曜日に、実に44日ぶりに雪山に行きました。
今回のパートナーは山岳&環境系カメラマンのKAZ氏。
もう、ほとんど初滑り状態なので、お手軽な神楽へ向かいました。写真、いっぱい撮ってもらいました♪

朝8時ごろスキー場到着。もう一番乗りは無理なので、朝の1時間はゲレンデでウォーミングアップ。
体が温まったところで、トイレ休憩後、ゲレンデトップでシール装着(10:40)。シール生きてる?!
f0039916_0113159.jpg


ゆっくり1時間半ほどハイクアップ。大勢のスキーヤー、スノーボーダーが登っていました。
f0039916_2354578.jpg


12:10 神楽ヶ峰登頂。バックは苗場山です。 お天気サイコー!
f0039916_23555879.jpg


12:50 ゆっくり休憩後(しるこ、うまかった!)、反射板へ向かって滑降開始。
f0039916_23561281.jpg


反射板への尾根コースはすでにギットギトに荒らされていましたが、ラインを選べばこの通り!
f0039916_23563189.jpg


反射板下の斜面はヒザ下ぐらいのやや重のパウダーが残っていました。
f0039916_23572086.jpg


最後は底つきする斜面で大コケしましたが、大満足の表情。
f0039916_235851.jpg

13:30 ゲレンデ帰着。
昼食後、16時すぎまでゲレンデ修行して終了。
帰りは温泉入って、関越が大渋滞だったので、月夜野から下道で帰りました。
疲れたけど、やっぱ山はええのう! さあ、これから復活の狼煙をあげるどー!

現在、ひざ周り、腿、ケツが猛烈な筋肉痛です。SKINSが脱げないです。。。
by climbworks | 2010-02-16 00:14 | Snow
先週の話しですが、10月23日(金)は自宅からもっとも近い「狭山スキー場」のオープン日でした。
去年までのポイント会員は1日1000円で滑れるので、もちろん朝一で行ってきました。
さすがに平日なので、午前中は空いてましたが、午後から次第に混雑。3時間で退散してきました。
やっぱテレマークは楽しいです♪ いよいよSNOWシーズン目前ですね~。
f0039916_17151376.jpg

              しかし、これから錫杖岳登りに行ってきます。寒いだろうなー。
by climbworks | 2009-10-29 17:16 | Snow

底へ行く

今日は打ち合わせやら各種野暮用を済ませに練馬のbottomlineへ。
f0039916_036984.jpg

話題はもちろんテレマーク、バイク、新しい雑誌の話、そしてやはり清志郎のこと、などなど。
店主は落ち着かれている方なので年上かと思っていたら、同い年でした。
貴重な80年代初期のライブDVDも貸していただき、ありがとうございました。



皆様にはこちらの貴重な映像を。2曲目は例のアレです。カッチョ良すぎ!
そして3曲目はまた名曲のひとつ。最高です。

by climbworks | 2009-05-08 23:37 | Snow

3067m

カメラマンのKAZ氏と木曽の御嶽山に登ってきました。ひさびさの3000m峰の登頂です。
とても良い山でしたが、滑りはかなり修行系でした。勉強になりました。
f0039916_2485552.jpg


滑りの写真はKAZ氏が撮ってくれているでしょう。(もらったらアップしますね)

そして、東京に戻って23時ごろからヘッドランプの撮影。長い1日でした。おつかれ~

【5月3日 追記】
カメラマンのKAZ氏が写真を送ってくれたので、1枚だけ滑降中写真をアップします(写真クリックで拡大表示)。
f0039916_191847.jpg

バックに見える山は乗鞍岳です。本当に良いお天気でした。
by climbworks | 2009-05-01 02:54 | Snow

かぐら2Days

4月23・24日と新潟県のかぐらスキー場へ行ってきました。

23日は関越トンネル入る前ぐらいから雨が降りだし、かぐらの駐車場に着く頃には本降りに。
「上は雪だ」といい聞かせ、ロープウェーに乗り込みました。みつまたゲレンデも雨でしたが、
かぐらゴンドラを下りたら雪でした。やったー。

一応、山登りの装備も持ってきたものの、視界不良のため早々にあきらめ、ゲレンデ修行に切り替え。
とは言え、第5付近をトラバースして、僅かですが新雪の積もった誰もいない斜面を堪能できました。
足が終わってきたところで昼食を兼ねて田代のほうへも行ってみましたが、こちらの雪質は×でした。
結局、かぐらに戻って営業終了まで回し続けて1日目は終わり。
スーパー買い出し&温泉で駐車場泊。

24日。朝から良い天気です。もちろん装備を背負って出撃。とりあえず神楽ヶ峰へ向かいました。
第5を降りて、一応入山届けを提出。緩やかな登りですが、気温が高く汗だくです。
にせピークの斜面がノートラックであまりに気持ち良さそうだったので、とりあえずアップ滑降。
登り返して小休止。おじさんたちとしばし談笑。
f0039916_2185923.jpg
                        記念撮影。うしろに見える山は」苗場山です

そんでもって一応神楽ヶ峰のピークを踏んで、スキー場へと滑り降りました。
ここらへんの斜面は上級者には物足りないですが、僕のようなてれてれテレマーカーにはぴったし。
雪質は上のほうはまあまあでしたが、ゲレンデが近くづくにつれて雪面はよごれ、板は走らなくなりました。
行動時間2時間ちょいでしたが、春の気持ち良いハイキングテレマークを堪能できました。

お昼は和田小屋でけんちんそばを食べて、午後は営業終了までリフトを回し続けました。テレコブは厳しい…。
しかし、ゲレンデでは駐車場のまんなかのショップのテレやってるスタッフと友だちになれて楽しかったです。

太ももがかつてないぐらいにパンパンで、今もSKINSが脱げません。充実の2日間でした。
by climbworks | 2009-04-25 21:14 | Snow
前回の続きです。

外でのアトラクションが一通り終わったら、会場である「岩岳スカイアーク」前には、たくさんのテレマーカーが列をなしています。
f0039916_3521192.jpg


最初は北田実行委員長らによる盛大な鏡開き(←本来は鏡抜きと言います)に続き乾杯!
f0039916_352411.jpg


さあ、宴の始まりです。ダンスやら表彰やら大抽選会やらいろいろありましたが、個人的に一番楽しかったのは、
新宿2丁目顔負けのオカマ”ファット”ダンサーズ。
f0039916_3533715.jpg
しかし、このダンサーたち、実は1人だけ本物(たぶん)の女の子がいるのです。観客のほとんどが彼女に釘付けでした(たぶん)。

そんなこんなで楽しい宴の時間はあっと言う間に過ぎていきました。

翌日は山に行こうかなあと思っていましたが(新しい雪も降らなかったし)、あまりにイベントが楽しかったのと、勝手がわからず各プログラムに参加しきれなかったので、てれまくりの2日目も参加することにしました。

まずは誰でも出れるらしいという「てれまくりカップ」に申し込みの列に並ぶも、見事予選?(抽選)落ち。
そのままミニバックカントリーツアーに参加(参加費無料)。
f0039916_356585.jpg
内容はあくまでBC[初心者のためのものでしたが、岩岳とっておきのミニツアーコースに案内してもらえました。途中、植物の話や、岩岳から見える山々についての説明など、約1時間のプチツアーですが、とても楽しめました。
(写真は岩岳から唐松岳方面を望む)

ツアーから戻るとワンコイン(500円)クリニックに参加。たった500円で1時間と言う限られた時間ではありますが、プロの指導員の方にレベル応じた講習をやってもらえるのです。これはなかなかタメになった。
講習後は同じクラスになった北陸から来たテレマーカーさんと営業終了時間までセッションしました。

足はヨレヨレになりましたが、本当に楽しく、タメになる2日間でした。
あとはプロライダーによるワークショップにも参加してみたかったです。

来年、もっと楽しむためには、今シーズン終盤、そして来シーズンのてれまくりまで、しっかり練習して強くなっておく必要があるなと思いました。
来年はコンペ出場目指して頑張ります!!

というわで宿題終わり!
by climbworks | 2009-03-25 04:01 | Snow