Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

お願い

今日は仕事で沼津に来ています。明日は山梨の甲府です。装備が多いので移動はもっぱら車です。

おととい埼玉で保育園児の列に車が突っ込んで、3人の子が亡くなりました(本日重体だった子がまた1人亡くなりました)。
僕にも同じくらいの子供がいるので、本当にかわいそうでかわいそうでなりません。親御さんや保育園の園長のコメントをニュースで見ていると、涙がこぼれそうでした。
自分自身にも言いたいことですが、どうか車やバイクを運転する人は安全運転でお願いします。特に小さな子供たちの姿を見かけたら、最徐行でお願いします。

交通事故以外にも、小さな子供が犠牲になる事件や事故が多すぎるような気がします。
いったいどうなってるんでしょうか? 自分を含めた大人たち、しっかりしましょう!!
by climbworks | 2006-09-28 21:23 | Prius

LEDの明るさ

プリウスの交換したLEDライトの明るさ写真です。先ほど近所のコンテナ倉庫の仕事道具を取りに行ったときに撮影しました。かなり暗い場所でした。
※多少露出調整なんかもして、実際に近づけて撮影しています。

まず外から見たルーム。3灯点灯です。ホームセンター安物です。
f0039916_1362778.jpg

フロントを運転席から見たところ。ややUNDER。
手をかざすとこんな感じ。座った状態で手元まで十分光は届きます。
f0039916_1342926.jpg

     リアのルームランプ。やや露出OVER。
f0039916_1365950.jpg

ナンバー灯と車幅灯。
車幅灯はホームセンターの安い4LED(赤)。白よりもぜったオススメ。
ナンバー灯はそんなに青くないですね(LEDはカーメイトのやつです。フロントのスモールランプもこれと同じやつにしてます)。
f0039916_1372971.jpg


以上、取り急ぎ。
by climbworks | 2006-09-28 01:45 | Prius

ルームランプLED化

久々に自分の車ネタです。

オートバックスのお誕生日プレゼント割引券があったので、ルームランプ(リアシート上)用のLEDバルブを買って取り付けることにしました。純正のウエッジ球は薄暗黄色くて、あまり点灯させる気にはなりませんでしたから。

f0039916_0274351.jpg

さて、近所のオートバックスの電球売り場には車種別専用の明るい(?)プレートタイプのものも売ってましたが、こちらは6LEDとやや球数は少なめでしたが値段は半額程度だし、割引券でさらに500円引き。1159円で入手しました。

ついでに前席のルームライトにはホームセンターに売っているさらに安いLED球を取り付けます。LED4灯タイプ×2個で1400円ぐらい。右席・左席・ドア連動のセンター用、合計3球必要です。2球1パック売りなので、余った1球は運転席のドア下のライトに取り付けました。

f0039916_0282542.jpg

まずカバー(レンズ)を外すわけですが、普通のドライバーなんかじゃデカすぎ。傷もつけちゃいます。そこで、M6ボルト用の平ワッシャー登場。薄く(0.5㍉以下)、円形なので樹脂部品を傷付けにくくバッチリです。左右2箇所ぐらいを持ち上げれば簡単に外れます。

f0039916_0285071.jpg

カバーが外れたら、元の電球を外します。少しでも明るさアップのためにライトユニットの内側にアルミホイルを両面テープでちょこっと貼ることにしました。電極に触れないようにしただけで、かなりテキトーな作業。丁寧にたればそれなりに効果は高まるのではないかと思います。

f0039916_030919.jpg

リアのルーム灯も同じように内側にアルミホイルを貼り付けました。(貼り方きたない)

アルミホイルを貼り終えたら、LEDを取り付けます。+/-があるので、カバーをする前に必ず点灯テストしましょう。点かない場合は逆に挿せば大丈夫なはずです。

明るさは、かなり満足できるレベル(写真は近日公開予定)。もちろん消費電力も少ないので(パッケージには通常電球の約1/10と書いてあった)、燃費にも良いのではないでしょうか?(たぶん)

次回はナンバー灯のLED球への交換作業をご紹介予定。こちらはちょっぴり高度でした。
お楽しみに!
by climbworks | 2006-09-26 15:20 | Prius

小川山ロケハン

9月22日、またしても小川山です。
今回は来月する予定の某・車メーカーのBrogの取材のロケハン。仕事であっても小川山は何回行ってもイイ!(眠くても!) しかし、、、
f0039916_23272629.jpg

前日RONDOだったので、帰宅して今回のロケハンのために借りておいた車に装備を積み終えたのは夜中の2時。だけど朝6時に立川駅集合。かなりつらい…。
途中、双葉SAでカメラマンのTAKIさんと合流して朝食。分岐ポイントなどを撮影しながら9時過ぎにキャンプ場着。
f0039916_2326408.jpg

朝一でガマスラブへ。ここでタレントさんにクライミング初体験させる予定。速攻でトップロープを張り、制作会社のMさんに初クライミングさせながら、TAKIさんは撮影ポイントのチェック。
f0039916_23274163.jpg

次は親指岩へ行き、超有名ルートを登る。TAKIさん必死のフォロー(笑えた。ゴメン)。
「タレントさん、こうなるであろう」の演技を撮影してもらう(この写真は掲載OKがでたらアップするね)。
TAKIさんと2人で親指岩のトップに立つ。TAKIさんは撮影チェックに忙しかったみたいだけど、登頂できたのも相当に嬉しかったんじゃないかな(たぶん)。
やっぱ岩登りはトップアウトしてナンボのもんだよね。

そしてさらにマラ岩へ移動。やはりTAKIさんを最上部へ案内する。そこで僕は初めてマラ岩の最上部に立ち上がった!(この写真もOKが出たらアップします)

時間はすでに5時を回っている。猛ダッシュで下山。でもまだロケハンすべき項目があり、6時ギリギリまで撮影。

次に増富温泉に移動。ここも取材の対象予定になっている。支配人さんに挨拶して閉館まで1時間入浴。何回来てもいい温泉である。
(入浴中の写真もあるので、これもOKが出たらアップするね。ノーカットで!)
入浴後、温泉内に新設された新しい施設を案内してもらう。床がポカポカ暖かく、とてもリラックスできるスペースになっている。そしてなんと支配人さん直々に整体の施術をしていただく。
超・気持ち良かったっすよ!!(今度はお金払ってでもやってもらうつもり)
f0039916_23281883.jpg

気持ちイイのも束の間、まだ仕事は終らない。
増富ダム近くの公園に移動して、昼間撮影しきれなかった車紹介のカットを撮影。9時前に終了。
腹ペコで高速まで移動。午後10時すぎ談合坂SAでようやく夕食。
夕食後も写真のチェックやらコピーやら本番のときのタイムスケジュールの打ち合わせやらでSAを出たのは11時半近かったのでした。
翌朝一番で車を返却しなくてはならないので、クライミング&キャンプ道具一式を夜中のうちに倉庫に片付けに行って、帰宅して寝たのは午前2時ごろでした。
活動時間連続21時間。その間、一睡もなし。疲れ果てました。
f0039916_23283540.jpg

増富ダムの駐車場のアスファルトの隙間から咲いていたコスモス。この花のように力強く咲いていたいものである。
by climbworks | 2006-09-24 23:32 | Climbing

Fit ワックスがけ

今日は曇りで涼しかったので、我が家のもう1台のクルマFitのワックスがけを久々にした。
電動のポリッシャーと肘がいたくなるほどの手作業でかなり完璧な仕上がり。たまにガソリンスタンドに洗車に出すと、「どういうコーティングされてるんですか?」と聞かれるほど。
ガラスも撥水処理&内側も拭き上げて、終ったー!と思ったら、雨が降り出しました(よって写真はナシ)。
次回は作業工程を写真で記録したいと思います。
by climbworks | 2006-09-17 22:38 | 日常

秋ですねえ

今日は久々に雨が降らなかったので、バイクに乗って八王子の病院へ行くことに。
暑くもなく、寒くもなく、風がとってもキモチイです。
f0039916_2245652.jpg

またまた食べ物ネタなんですが…。

八王子の病院に行ったときは帰りにラーメンを食べに行くことにしています。
お気に入りは、野猿街道沿いの高根屋。いわゆる”家系”ラーメンです。
場所はココ(データは表示された地図のポイントのすぐ左の飲食店マークをクリック)。
f0039916_21433360.jpg
ラーメン通のジャッジ山本に連れて行ってもらった店です。それ以来週1回は食べに行ってます。
f0039916_21425760.jpg
かなりこってりしてますが、博多とんこつラーメンしか受け入れらなかった僕が気に入ったぐらいだから、味は保証できます。
なんとなく、モツ鍋の後に入れるチャンポン玉を彷彿とさせる味かな?(ニンニクのせいだと思うけど)
by climbworks | 2006-09-15 22:05 | 日常

懐かしい味

今日は次号から新しくRock&Snow誌の編集長に就任するM氏との面談のためヤマケイに向かった。

西武線から地下鉄へと乗り換えとなる高田馬場で腹が減ったので、15年ぶりぐらいに”さかえ通り”にある「洋包丁」へ行ってみた。
f0039916_23102273.jpg

学生時代(残念ながらハンカチ王子で話題のW大学ではなかったが)、バイト先がここ高田馬場にあったので、たびたび足を運んだ「洋包丁」。店の様子も味も変わってなかった(以前は少ないと感じていたご飯の量が、多いと感じたのは年のせい?)。
何より変わってなくて嬉しかったのが、ほとんどのお客さんが食べ終わった後に食器をまとめて、「ごちそうさま!」と言って店を出ていたこと。
牛丼チェーン店などでは、お客は食べ終わると黙って店を出る姿が多いので、こういうのを見るとなんか嬉しくなりますねえ。
挨拶は人間の基本。「こんにちは」「いただきます」「ごちそうさま」「ありがとう」ぐらいは普通に言えるようにありたいですね。

さて、ロクスノ新編集長との面談はというと、現時点ではまだ詳しいことは言えませんが、「なんかいい感じ」とだけは言っておきましょうか。
10月のアタマに再度編集会議があるので、それ以降ならばもう少し具体的はお話ができるかもしれません。
それまでにロクスノに対するご意見・ご要望があれば、どうぞお気軽に書き込んでください。皆さんの「生の声」をお待ちしています。

おーっと、その前にfreefanも作んなきゃ!(スタッフの皆さん、よろしくです!)
by climbworks | 2006-09-14 23:12 | 日常

小川山休暇

1年ぶりに仕事抜きで小川山へ行きました。

9月8日(金)
RONDOでボルダーライセンス講習が終ったのが午後10時半。帰って装備を積み込み、家を出たら12時を回っていました。
廻り目平着は午前2時半くらい。先週みたいに寒くはありません。テントを張り終えたら3時まわってたかな。それから一人でビール飲んで就寝。

9月9日(土)
息子に起こされて、タープとハンモック設置。4時間くらいしか寝てません。
f0039916_11105166.jpg


そして1日目はガマスラブへ。これまた1年ぶり。
f0039916_11115989.jpg

去年は5メートルくらい登って泣き出していた息子も今年は10メートル近くまでスタスタと登っていきました。クライミングは技術的進化も必要ですが、人間的な成長も不可欠なようです。
でもやはり、高さに負けて大粒の涙。動けなくなったところで父親が救出に。ビビリーの血はしっかりと受け継いでいるようです。来年は完登できるかな?

2時には下山。お昼寝後、山荘で一番風呂。夕方ナナーズへ買い物。夜はお隣にテントを張っていた旧いクライミング仲間のSさんのサイトに乱入し夕食。鳥汁最高でした。焚き火焼き芋もうまかったね。

9月10日(日)
2日目。ゆっくり撤収して林の中のボルダーへ向かいました。
f0039916_11261088.jpg

首・腰・膝痛でボルダー自粛中の僕も着地に気をつけながら久々に花崗岩ボルダーを楽しみました(滞在時間1時間程度でしたが…)。
くじら岩のまわりにはボルダラーの皆さんが20人以上いたので子連れには厳しく、スパイヤー周辺で遊びました。
短時間でしたが、まだ登っていなかった「レフトスパイヤー(1級)」に成功したのはプチ嬉しかったです。スポットしてくださった皆さん、ありがとうございました。

昼食後、小川山を後に。増富温泉でゆっくりと体を癒して、明るい時間に韮崎ICに到着。普通なら渋滞のない時間帯のはずでしたが、事故渋滞に遭い、たっぷり3時間近くかかりました。
f0039916_1145180.jpg

でも、帰りの車窓から富士山がくっきりと見えるほどクリアーで気持ちのいい週末を過ごせました。
プリウスの平均燃費22km/L。 高速、山道を走るとイマイチ伸びませんね。
by climbworks | 2006-09-11 11:28 | Climbing

ヌンチャクスリング一新

本日、所有するクイックドロー(ヌンチャク)のスリング(ナイロンテープ)のほぼ全部と磨耗・損傷の激しいカラビナ数枚を新品に交換した。

f0039916_1411658.jpg
愛用するペツルのドロー用スリング”ザングルエクスプレス”は強度表示ラベルの裏側に製造年が記されている。ほとんどが2001年前後の製造だった。輸入される関係で使い始めは2002年か03年だったと記憶しているけど、それでも3~4年経過している。
僕の場合は通常のクライミングに加え、リボルト作業などで通常以上の汚れや薬品にさらされることもあるので、1度は洗濯したとは言え、長く使いすぎと言えば使いすぎ(それでも点検はかなりの頻度でしていましたが)。

クライミング用品のナイロン製品(スリングのほか、ロープ、ハーネスなど)には寿命がある。
使用状況により大きく異なるが、週末2日のクライミング+平日のトレーニング使用で半年から1年。比較的良好な状態で週1回程度の使用だとして最長3年。ほとんど使わないで理想的な保管環境で5年、まったくの新品を完璧な状態で保管できたとしても最長10年の耐用年数しかない。

また、ナイロン製品は、紫外線、酸などの薬品、高温(車のトランクなどに置きっぱなしなど)には特に弱く、寿命を著しく縮めるので、その管理には注意が必要である。
スリングの場合はロープやハーネスと違って常に使い続けるものではないので、もう少し長く使えるような気がしますが、一度でもシビアな墜落や衝撃を受けたもの、目視で明らかに変色・ほつれ・磨耗や傷みがあるもの、新品時のしなやかさが失われゴワゴワしているものは、使用を中止すべきだろう。

次はカラビナ類を一新させなきゃね。
by climbworks | 2006-09-06 23:26 | Climbing

背中と首がバキバキ

土日に岩場での仕事でずっと上を向き続け、月曜のRONDOで久々に登ったら、今日(火曜)の昼間はどうもなかったのに、夜になって背中がバキバキに(首は常に痛くてまともに回りませんが)。

f0039916_025031.jpg
もともとひどいムチ打ち持ちで、昨年の横浜トリエンナーレのパフォーマンス中(写真上)にちょっとしたトラブルがあって1周50メートルのルーフルートを2周リードすることになり、天井登り2周目(80メートルぐらいのところ)で、首にまったく力が入らなくなって、マジに気を失いそうになったのを必死に堪えて何とか完登したものの、その後しばらくはまともにクライミングはおろか日常生活もヤバいって状況になってから、「無理はしないでおこう」と心に誓ったのに、やっぱりクライミングは仕事なのでのまったく登らないでいるのも勘が鈍るので、ちょっとトレーニングしようかなと思うとこの有様。

ま、これ以外にも、たび重なる大フォール、ボルダー着地失敗、車事故(後ろから追突される)、バイクレース中に転倒、工事現場で頭に80kgの重りが当たるなど、首に悪いことばかりしてきたのですが…。

うーん、困ったものである。
(どなたか良い治療法あったら教えてください。)
by climbworks | 2006-09-05 23:41 | 日常