Freeclimbing is not a crime!


by climbworks

<   2007年 03月 ( 19 )   > この月の画像一覧

旅立ち

Flashedの新型クラッシュパッド”ロウニン”が福井のネルソンクライミングジャパンより届きました。
f0039916_13382721.jpg

ちょっと広げて、飛び降りてみましたが、おそらく現存する携帯パッドの中では最高の衝撃吸収力。ムチウチ持ちの僕でもボルダリングを楽しめそうです。
ただし、でかい。お客さんの予約分と撮影用のサンプルの
2つが玄関に置かれると、人は通れません。

こいつを持って、今夜から関西の岩旅取材に旅立ちます。


それから、咲きはじめましたねえ、桜。
f0039916_13395915.jpg

取材先でもタイミングよく花見撮影ができるといいな。。。
by climbworks | 2007-03-30 13:45 | Gear

オイル交換

久々にプリウスネタで。
1万kmぶりにオイル交換しました。さすがにかなり汚れていました。
f0039916_0484141.jpg


夜は1週間ぶりにRONDO担当。
勤務が終わってから、お客さんたちと少しボルセッションしました。
打ち込んで、できなかったムーヴができるようになるととても嬉しいですね。
クライミングは自分が目標に向けて努力して、それで結果が出て嬉しいのであって、安易に妄評を低くしちゃいけませんね。ましてやそれが岩をいじるようなことであっては”絶対に”いけません。

帰りにサークルKで夜食(ちょっとお腹を気にして温野菜)と緑のビール(こいつはプレミアムモルトより美味しい)を購入。
f0039916_0534171.jpg
うまかったです。
(机の上が極限まで散らかっております。部屋もです。)
by climbworks | 2007-03-29 00:55 | Prius

沖縄問題など

 本日、ヤマケイ本誌担当ページのスタジオ撮りのために再び編集部へと行った。
 広告部に振り回されて(彼らには自覚ないだろうが)、予定の進行スケジュールより大幅に遅れているので、一刻も早く自分の目の前の仕事を終わらせたかったのだが、インフルエンザでダウンしていて数日ぶりに出勤したRock&SnowのM編集長に呼び止められ、沖縄問題についての相談を受けた。
 編集長のもとにはメールや手紙(中には署名付きのものも)が相当数寄せられ、事の重大さを痛感していると言う。現在、地元の方々を含めてた情報収集や、事実関係の確認、それぞれの思いを整理しているところなので、編集部、そして責任者としての声明は今しばらく待って欲しいとのことであった。
 これとは別に次号で、沖縄の件も含めて、開拓のあり方や本来踏まれるべき手順について原稿を書いて欲しいという相談もあった。

 そのページを担当するかどうかは別として、今回の一連のアクセス問題やそれにまつわる投稿・意見などに対して僕自身の立場を少しかいておきたいと思う。

 自分自身、非常にぬるいクライマーだと自覚していたが、それ以上に今日の日本のフリークライミング界はぬるくなってしまったような気がしている。特に最近気になったのがJFAのHPに掲載された兵庫の尾崎氏の投稿文に対する菅氏の意見だ。
 一見正論のようにも書かれているが、クライミング人口増加や歴史自体が短いことを理由に厳しいスタイルを追及することがまるで良くないことのように言っている。
 僕は歴史が短いからこそ将来のためにより良いスタイルを残すべきだし、人口が増えてきたからこそ、多少厳しかろうとも、それら厳しいルールを普及させる努力をするのが、正しい進化だと思う。また、そうしないと岩場が滅茶苦茶なことになってしまう。
 だいたい、フリークライミングのことを良く知らない、山登りの人間の意見だ、と言っておきながら、今日のフリークライミングの状況を考えると…、などと言っている時点で書き手としての立場が曖昧だし、理論が破綻していると思うが。

 ロクスノに出ていた南大中岩には行かなかったが、ここを開拓しロクスノに発表した勝山山岳会が別に不法開拓した大野山(おおやさん)の現状を先日視察してきた。その開拓行動は「ローカルクライマーや地主さんに無断でおこなわれ、ボルトの設置位置や殺人的な終了点の残置など、とにかく”ひどい”の一言に尽きる、という状況だった。
 菅氏の投稿には”地元の人達との友好的な状況を作っておられる姿勢にこそ、これから岩場を守っていくべきクライマー達のあるべき姿”とあったが、そんな様子は微塵もなく、それどころか、地元が観光資源としている岩へのボルトの設置、私有地内の木々の無断伐採、岩への落書き、ゴミの放置など非常識にもほどがある行動の数々。あまりのひどさに開いた口がふさがらなかった。
 この非常識な行動に、普段温和な地主さんが「あんたら泥棒か?!」と声を荒げられたことを聞くにつけ、同じクライマーとして心底恥ずかしく思った。(地主さんは元の状態に戻すよう求められるも、岩への落書きこそ消されていたが、ボルトや終了点は汚らしく放置されたままだった。)
 こういう開拓者を野放しにすることは到底許されず、さすがにこれ以上看過することができなくなった地元クライマーたちが”告発”という行動に出たことは誠に理解できるし、クライミング界の将来のためにも個人的には賛同したいと思う。

 そういう意味では沖縄問題もまた然りであるが、沖縄の場合はクライミング界だけの倫理観や考え方にとどまらず、人間としての常識や倫理性を問われている点、事はさらに重大であると思う。 皆さんはいかがお考えだろうか?
by climbworks | 2007-03-28 00:34 | Climbing

千葉へ

今日は千葉の県立幕張総合高等学校へ日本山岳協会によるユースのオーストリア強化合宿の詳しい報告会に出席してきました(freefan、ロクスノにも簡単な記事あり)。
ある一定のレベルのクライマーへは大変ためになる内容でしたが、すべてのレベルのクライマーに当てはまるかと言うとそうでもないので、適当にアレンジして、近いうちにRONDOでも特別講習の形お教えしたいと思います。
また、freefan等でも何らかの形でレポートしたいと思います。
f0039916_2343811.jpg
幕張総合高校はこんなデカい壁が校舎内にあります。25日にはここでJFAユースコンペが開催されました。

帰りは、その足で赤坂のヤマケイに寄って、本誌来月号の最終段取りと、6月号以降ならびに来年の連載(ちょっとこちらは楽しそう)の打ち合わせをしてきました。

そして今日は東京では20℃ぐらいまで気温があがり、プリウスの燃費もぐんぐん上がっていきました。高速が適度に混んでいたので燃費にいいスピードで走ることができ、平均燃費24.5km/Lを達成。昼間は一時的に25km/L以上いきました。
f0039916_23465196.jpg

by climbworks | 2007-03-26 23:53 | しごと

新潟へ

23日はヤマケイの取材で新潟県は燕三条のモチヅキの本社へ取材へ行きました。
昼過ぎには終わったので、帰りにちょっと寄り道して奥只見丸山スキー場へテレ修行へ。
関越道の小出ICを降りて奥只見シルバーラインへ。地底基地のようなトンネルが十数km続きます。ここを抜けると某小説の舞台ともなった奥只見ダムがあらわれ、そのすぐそばにスキー場はあります。
f0039916_1482297.jpg
       トンネル内はカーブが多く、こんな大きな電光矢印がたくさん出てきます。

暖冬・雪不足と言われていたこの冬ですが、このスキー場は豪雪のために毎年営業開始が3月に入ってからというだけあって、まだ3メートル以上の雪がありました(今年も17日にオープンしたばかり)。
f0039916_1521281.jpg
f0039916_1484121.jpg
f0039916_152333.jpg

取材に同行してくれたカメラマンのTAKIさん(下)と2時間ちょい、滑ってきました。
天気も最高で、この時期にしてはなかなか良い雪でしたよ。非圧雪エリアもあり、かなり楽しめ(苦しみ)ました。また行きたいです。
by climbworks | 2007-03-25 01:56 | しごと

携帯購入とRONDO担当報告

電池のもちが悪くなり、時々強制シャットダウンもするようになってた愛機F901isでしたが、ついに一晩中充電しても満タンにならなくなり、しかも昼には電池切れとなってしまうようになったので、昨日、新しいのを買いに行きました。
今度のはP903i。ブルートゥース内臓なので、プリウスの中に置いておけば接続不要で車内のオーディオ&ナビを介してハンズフリー通話ができるようになります。
GPSも内蔵していて自分の居所が緯度・経度で表示されるので、山でも使えそう(こちらは近日中にテストして、また報告しますね)。カメラも300万画素。
ドコモのポイントが貯まっていたので(13000円分)、8400円の追金で購入できました。
f0039916_23294411.jpg

色々遊べそうな携帯です。


それから今日はRONDOを担当。先週水曜も担当しましたが確定申告中で体力セーブしていたためにまったく登らなかったので、まともにクライミングするのは約2週間ぶり。
左右の壁で自分が設定しておいた一番難しいルートにトライしました。
アップののち、まずは左のオレンジ。トライされている皆さんは苦しんでおられるようですが、これはあっさり登れました。5.11cぐらいかな?
問題は右壁の緑ルート。こちらは右カンテのボルダームーヴのところだけで1~2級はありそうな感じ。1トライ目はここで撃沈。設定ムーヴではできなかったので、さんざん試したあとに別ムーヴに切り替えてトライした2回目、辛うじて登ることができました。5.12bぐらいかな?

来週には新ルートを追加したいと思っています。
by climbworks | 2007-03-21 23:41 | Gear

日テレへ

今日は若手売出し中?のアルパインクライマー栗城史多君(24)の取材のために汐留の日本テレビ本社へ行きました。
f0039916_23581448.jpg

単独(ソロ)、しかも無酸素で、世界7大陸の最高峰の登頂を目指しているニートクライマーで、なかなか面白い若者でした。ギャグか本気かイマイチわからないところもあるのですが、個人的にはマジと思っています。
彼の活動の模様は第2日本テレビのサイトで見ることができるのですが(OKでたらリンク貼ります)、かなり笑えます。
ですが僕は、最後の結末が、涙と感動のものになることを願っています。

ガンバレ、栗城君!
僕は応援しているぞ!
 みんなも応援よろしく!

彼は今週末、残されたエベレスト登頂のための前哨戦・チョー・オユー挑戦に旅立ちます。ここだって8000M峰。とにかく無事に帰ってくることを祈っています。


インタビューはとても小さいですが、「山と渓谷」5月号に掲載予定です。
(もしかしたら、もっと大きく扱うべきかもしれない。。)

by climbworks | 2007-03-19 23:35 | しごと

終わったぁ~

うやく終わりました、確定申告。
例年ならば提出期限の最終日には遅くとも出していたのに、今回初めて、期限後の提出です。月曜朝イチで税務署へ行ってきます!

結果は? 僅かですが納税です。
しかし、源泉徴収でかなり持っていかれているので、還付金があります。たぶんね。

その使い道は、、、
①借金返済・・・これに多くがが持っていかれます。

②携帯買い替え・・・最近、気まぐれな自動シャットオフ機能が出現しはじめました。電池のもちも悪くなってます。大事な場面で泣きっ面とならないように。

③カメラ機材の拡充・・・最近、取材が増えているのにあまりにもプアです。ていうかヤバすぎです。失敗しないうちに何とかしなきゃ。

④PC関連・・・Vistaも出たことだし、現状でもいつ飛んでもおかしくないデスクトップPCを買い換えたいところですが、そこまでは絶対に回らないでしょうね。
画像処理や編集作業が多いので、いっそのことMacにすれば?という意見も多いですが、どうですかね?

その他、物欲は尽きることはありませんが、現実的なところでは②まででしょうね。
仕事のことを考えると③も④も必要なんですが、うーん、って感じ。とにかくPCもデジカメも進歩が早すぎで、まったくついていけません。そして仕事には置いていかれてしまう。。困った世の中じゃ!

以前は、”還付金ツアー”なんて言って、春は必ず1ヶ月ほど海外クライミングだったんですがね。遠い昔の話です。
by climbworks | 2007-03-18 01:53 | しごと

西麻布で飲み会

昨夜は以前に仕事にお世話になった方が転職されて、新しい雑誌を創刊されるというので、その相談と打ち合わせのために都心へ出ました。カメラマンのTAKIさんも一緒です。

僕的には普通の居酒屋でも十分だったのですが、西麻布の裏路地にある秘密の干物(ひもの)Barに連れて行っていただきました。(西麻布で飲むのなんて10年以上ぶりです)

目印も看板もないその店は、入り口がオートロックになっている完全予約制。ギョーカイ人やゲーノー人の御用達なんだそうです。もちろん紹介なしでは入れません。

料理は店長が全国の港を探し歩いて見つけてきた最高の干物がメイン。それを目の前の炭火で炙りながら、これまた最高の日本酒をちびちび飲るのです。干物の概念がまったく覆される最高の味でした(お酒がグビグビ進みます)。アクセントとして肝がまったく苦くない最高級のサザエなんかも出てきたりしてこちらも文句なしでした。
締めは自家製味噌による上品な味噌汁と最高に美味しい炊きたてのご飯。お腹も満足です。
f0039916_223228.jpg
                          携帯画像ですみません

仕事のほうは現段階ではまだお話しできませんが、これまた最高に楽しそう。
時期が来たらまた報告します。

あと、このお店、トイレが最高に楽しいです。このまま現代アートの展覧会に出しても通用しそう。もし、また行く機会があったら写真撮ってきますね。
(次のトリエンナーレではトイレが全部これだったら、かなりウケると思います!)

とても楽しい夜でした。
by climbworks | 2007-03-17 01:06 | しごと

関西取材

11・12日は室井登喜男君とともに関西のアクセス問題取材に行ってきました。
とにかくのっけから雪に阻まれ厳しい道中となりました。

11日の兵庫の大野山(おおやさん)の現状取材や地主さんらへの挨拶は寒かったものの終えることはできたのですが(詳細、次号FF参照。夜の関西アクセス会議も実りあるものでした)、しかし、2日目の「岩場を斬る」取材は大雪で断念。

気持ちを入れ替えて、武庫川のボルダーへ登りに行きました。
JRの廃線を20分ほど歩いていくエリアなのですが、ハイキングとしてもとても楽しめましたが、死ぬほど寒かったです。
f0039916_4194894.jpg


今回同行してくれたS君は関西若手ナンバーワン?
コンペなどでも活躍してますね。ホント、いい動きをしていました。
f0039916_421178.jpg

                ↑ 四段にトライ中のS君

そして今回の取材メンバー。なかなか濃いメンツです。
f0039916_4221813.jpg

夕方に関西を出て、深夜12時過ぎに帰還いたしました。お疲れさまでした!
by climbworks | 2007-03-13 02:13 | Climbing