Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2007年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今月のお仕事

表題とは関係ありませんが、今朝は早起きして自宅から自転車で15分ほど走ったところにある林にクワガタ探しに出かけました。しかし、早起きと言っても6時半起きで食事してから出かけるので現場到着は7時半ぐらい。この時間じゃ昆虫さんたちは寝床に帰ってますね。よってもちろん捕獲数はゼロ。
f0039916_23333314.jpg

気を取り直して、誰かが設置したブランコでひとしきり遊んだら、今度は玉川上水に移動して鯉の餌やり。餌と言ってもパンの耳を細かくちぎっただけなんですが、こちらは20匹ぐらいウジャウジャと寄ってくるので、やりがいがあります。
そしてようやく保育園に9時前に登園です。

午後は次号Rock&Snowの編集会議があるので、赤坂のヤマケイ編集部へ向かいます。
(しかし経費がカットされているので、自宅から編集部までの交通費はナシ! ここ数号取材費もかなりカットされているのでロクスノのために他の仕事をしなくてはいけない!/涙)

で、まずは36号の反省会と35号までの読者からのハガキの分析。
なんとロクスノ読者の年齢層は20代・30代で50%以上を占めていました。10代が10%弱、40代が20%弱で、思っていた以上に若い読者に支えられているのがわかりました。男女比は9:1(ちょっと寂しい)。居住地は50%以上が関東圏にお住まいの方。九州と近畿がほぼ同数で、続いて中部。関西クライマー頑張れって感じでした(逆に九州はスバラシイ!)。
反省点としては、やはりアクセス問題関連の扱いですかね。唯一の専門誌であるロクスノへのそれなりの期待みたいなものがあることを一応訴えておきました。

そして、35号では、よかった記事として、撮影・編集を担当する「岡野寛の”岩旅”」が5位タイにランクイン。励みになりますねー。岡野のWC参戦もこれぐらいになれば万々歳なのですが、どちらも引き続き応援お願いします!

ついでに、今月発売された私がやった雑誌関連の仕事をご紹介しておきますね。
f0039916_23344880.jpg

『山と渓谷』7月号
 P104~ 連載:なくてはならない山の小物たち7 シュラフカバー
 P142~147 ひざ痛関連Goodsタイアップ記事(写真も登場?) 
 P197   Yamakei Journal ~Goods関連の記事
 P223   栗城史多さん、チョ・オユー無酸素単独登頂成功のプチ記事

f0039916_23455277.jpg

『Rock&Snow』#036
 P22~  最新カム&ナッツスーパーガイド
 P78~  RS職人(黒田誠さん
 P136~ 岡野寛の”岩旅”(写真と構成)

こんなところかなー? 良かったら読んでください。
ちなみにロクスノはここ数号の中では今のところイチバンの売れ行きだそうです。これで赤字が解消できれば、もうしばらくは存続できそうです。

ご購読いただいている皆様には心より感謝申し上げます。

さて、次のロクスノが始まる前に freefan にかからねば!
by climbworks | 2007-06-29 00:10 | しごと
久々に土曜日RONDOを担当。
前半は混んでましたが、後半はかなり空いてました。
合間をぬって左壁に緑テープ(前半青テープ)ルートを設定。
たぶん5.12台だと思います。
前半で右壁の左カンテまで飛び出します。後半は指力勝負の課題です。
ぜひ登りに来てください。

そして、夜は家族でホタル見物に出かけました。
f0039916_2172763.jpg

夜の散歩は楽しいもんです。
辛うじて1カットだけ写ってました。
f0039916_211395.jpg

現場はここです。わかる人にはわかる。源氏も平家も仲良く飛んでましたよ。
f0039916_2115243.jpg


家(武蔵砂川)から車で30分ぐらいです。かなりの見物客でした。
by climbworks | 2007-06-23 23:57 | 日常

みちのく二人旅

またまたご無沙汰してしまいました。
先週末、岡野君と岩手に岩旅取材に行ってきました。
金曜日の朝3時半に立川出発、途中、所沢で岡野をひろって、東北道へ向かいます。
f0039916_0592391.jpg

約600km一気に走って花巻ICで下り、文学ミーハーなので宮沢賢治記念館などを見学。
f0039916_0594762.jpg

宮沢賢治詩石碑付近は花がたくさん咲いていて、とても綺麗なところでした。
f0039916_102226.jpg
もっといろいろ見て回りたかったのですが、先を急がなくてはいけません。
後ろ髪ひかれる思いで花巻を後にして、大沢温泉で軽く取材。
f0039916_10592.jpg
(きわどい岡野さんの入浴シーン)


再び高速に乗り、盛岡のクライミングジムONE MOVEに向かいます。
f0039916_132820.jpg

取材&軽くセッションののち、ジムオーナーの加藤さんらに焼肉&盛岡名物・冷麺を食べに連れて行っていただきました。もちろん激ウマ。
f0039916_141612.jpg


翌朝は久慈の侍浜に行く予定でしたが、天気がすぐれないので、県南のボルダーエリアに向かいました。
f0039916_145380.jpg
あまり期待はしていなかったのですが、車で5分の移動で花崗岩とチャートの2種類の岩質を堪能できるエクセレントな岩場でした。
詳しくは次号ロクスノの岩旅に掲載される予定なので、楽しみにしていてください。
(写真は両方ともチャートのほうのエリアです)

そして、岡野が翌朝Tウォール勤務だというので、その晩のうちに東京に戻りました。翌朝4時に帰宅。かなりの強行軍だったのでメチャクチャ疲れました。

プリウス燃費は、一時は24km/L越えていたのですが、帰りの高速でかなりカッ飛ばしたので燃費はぐんぐん落ちてしまいました。
f0039916_171524.jpg

(走行距離は1000足してください)
燃費走行にはガマンが必要なのです。また頑張ります!
by climbworks | 2007-06-20 01:13 | Climbing

ごめんなさい

いつも当ブログをご来訪くださる皆様、すみません、excite.Brog本体のサーバー調子が悪いそうです。画像の表示に相当な時間がかかるばかりか、アクセスそのものができないこともあるようです。
僕の場合、画像点数が多く、無料サービスの域を超えているので、「金返せ!」って感じなのですが、もうしばらく様子を見ようと思います。
したがって、当面の間、新しい画像のアップなどは差し控えようと思いますので、何卒ご了承くださいませ!
そのかわり、しばらく楽しいテキスト中心のブログをお届けしたいと思います。
by climbworks | 2007-06-14 00:59 | 日常

お買い物&クライミング

今日は立川へ友人の結婚祝いを買いに行きました。
昼食は最近関東圏を中心に店舗を増やしていて、先月立川ルミネにオープンしたばかりの
″Soup Stock TOKYO”でカレーとスープのセットを食べました。
f0039916_23443761.jpg

化学調味料や合成着色料・甘味料、保存料不使用の無添加スープの店です。六本木ヒルズとか西武新宿駅なんかにもありますね。女性にはちょうど良い量ですが、男性には少し物足りない量なので、パンとかライスとか多めに頼んでおくといいかもしれません。

食事が終わったら、買ったお祝いを渡しがてら、超ひさびさにランナウトへクライミングの練習へ行きました。混んできたところで1時間ほどで退散。3本ぐらい登りましたが、まだ高さがダメです。完登しても怖くて降りてこれません。
f0039916_2345094.jpg
こればかりは慣れてもらうしかないのですが、あまりのスパルタ(?)を見かねた他の見知らぬお客さんが救出に行ってくれました。(でも、何でも大人が助けてくれると思ったら大間違いだぞ! それに足使いが全然ダメじゃ!)

気が付いたら、息子もクライミング歴3年になろうとしています(人生の半分以上!)。と言っても、年に数回しか登らせませんけどね。(ハマられても困るし、ほどほどにね) 
ちなみに下の画像は2歳11ヶ月ぐらいのときのものです。
f0039916_23454386.jpg
      マジに楽しそうな顔してました。。。

それから今朝、RONDO、ランナウトの常連だったお客さん夫婦に長男が誕生したそうです。おめでとうございます!
by climbworks | 2007-06-10 23:53 | 日常

RONDOでコンペ

今日はRONDOの3ヶ月に1度のクライミングコンペの日です。
今回はボルダーコンペとルートコンペの折衷スタイルで3時間タップリと登っていただきました。お忙しいところ多数のご参加ありがとうございました!
f0039916_3205027.jpg

優勝したのはⅠ崎さんでした。初優勝おめでとうございました(写真は5位に入ったH本さん)。

当然のように終了後は打ち上げです。M島さんたち日本酒チームはいつにないハイペースで飲んでましたね。あれは会費を飲兵衛チームとノーマルチームとに分けないと可哀想だったかもしれませんね!(我々スタッフはご馳走にあずかりました。ごちそうさまでした)
f0039916_330218.jpg
僕は終電に乗るため2次会のカラオケで敗退しましたが、地元組は1時過ぎまで飲んでいたようです。
RONDOチームの宴会はなかなか凄いです。次は小川山大合宿。こちらもお楽しみに!

あと、次回コンペは9月ごろ予定しております。次はロープ(オンサイト)競技です。
by climbworks | 2007-06-09 23:59 | Climbing

尾瀬へ

6月7日(木)

本当はRONDOのコンペ向けルートセットの日だったのですが、OKANOとマッちゃんにそちらは任せて、ヤマケイのタイアップ企画の取材で尾瀬に行ってきました。
f0039916_242442.jpg
au by KDDIから間もなくリリースされる超高性能GPS内蔵携帯の取材です。クライアントさん、代理店さん、広告部、編集部、モデルさん、カメラマンと僕で総勢11名の大所帯取材です。
f0039916_1593110.jpg


予報は雨だったので、ズブ濡れ取材を覚悟してたのですが、下山するまでギリギリ天気は持ちこたえ、キメカット撮影時は時おり晴れ間ものぞくほどでした。
しかし、尾瀬は天気の悪い平日とは思えないほどの人・人・人。週末は大変なことになるんでしょうね。

しかし、この新しいGPS内蔵携帯、スゴイ性能です。ケータイ電波の届かない場所でもGPS地図情報と現在位置をリアルタイムで表示し、ログまで自動で取ります。さらに周辺の目標となる景色や建物の画像も表示でき、どんなに方向音痴の人でもこれならば道に迷わなくなるかもしれません。おまけに防水仕様。

詳しくは、7月15日売りの『山と渓谷』8月号に掲載されますので、ぜひご覧ください。そして、携帯の買い替えを検討中の人はもう少し待ったほうがいいかもよ!
f0039916_2111239.jpg
                担当デスクのS川と。寝不足の2人です。

前日3時間しか寝てない僕は帰りの上里SAで30分仮眠するつもりが2時間も寝てしまい、帰宅は12時前になってしまいました…。
ちなみに前日1時間しか寝てないS川は会社に戻って仕事を続けたようです。どうか皆さん、ヤマケイを買ってやってください。あっ、ロクスノもよろしく。
by climbworks | 2007-06-08 02:19 | しごと

修理完了

実は白馬・松川ボルダー取材の前に以前に駐車場でドアをブツけられたプリウス号をようやく修理に出していたのでした。代車もプリウスだったので気付かなかった方も多いようでしたが…。

代車プリウスはマイナーチェンジ前のもので、グレードはノーマルのG。
15インチホイールの仕様なので燃費はいいはずなのに、借りた時点での平均燃費は16km/L台でした。それを白馬取材&ボコダキリボルトツアーで挽回させて、最終的には以下の数値。
f0039916_1223766.jpg

しかし、装着されていたタイヤ、ヨコハマのDNA・ECOSはあまり転がり性能が良くないらしく、燃費は伸びませんでした。あと、EMV画面は現行モデルのほうが数段見やすいし、ナビの使い勝手と性能もイマイチでしたね(HDDナビと比較するのは可哀想ですが)。

そんで、4日に修理は上がってきました。本当は3日に上がったらしかったのですが、長野から戻れず。修理期間は実質5日間でした。
仕上がりはご覧の通りバッチリ。かなりキレイに仕上がっています。
修理費用は8万円ちょい(グラスシーラントの部分再施工含む)+レンタカー代らしいですが、全額相手方の保険で支払ってもらいました。
f0039916_140649.jpg


入庫のついでに、サイドターンランプ付きのミラーに交換しました。工賃・部品代ともにかなり負けてくれて3万円ちょいでできました。ラッキー!
f0039916_1405140.jpg

by climbworks | 2007-06-07 23:43 | Prius

坊抱岩リボルト

6月2・3日

白馬のボルダー取材を終えて、TOKIO邸に1泊させてもらった翌日は再び長野の坊抱岩(ぼこだき岩)のリボルト作業に向かいます。

100岩場に認定されて、毎週末多くのクライマーが訪れているにもかかわらず、支点はかなり問題ありの岩場です。この状況に不安を感じた地元クライマーのN野さんが個人で整備を開始しましたが、とても追いつかず、昨年から何度もリボルトの要請をいただき実現しました。

f0039916_1325828.jpg
実は2年ほど前にビデオ撮影の仕事のついでに主岩峰である坊抱岩の終了点の一部は整備していたのですが、他のルートの危険な状況を確認しておきながら放置してしまっていました。

あらてめて作業してみての感想ですが、支点の不具合もさることながら、岩がかなりルーズで、いくら良いボルトに打ち替えても小さな落石やまとまった崩落の危険性がぬぐえないということです。(特に初心者や子供など、岩場での危険を察知できない人はヘルメットの着用を強くお奨めします!)

しかし、面白いルートもあるし、グレードも初・中級者にはピッタリのが揃っていて、ロケーションも最高。駐車場やキャンプ場も完備という岩場なので、行きたくはなります。ですので、今後も地元クライマーと連携を取りながら整備を進めていきたいと思っています。

なお、これらの整備活動はJFAの岩場整備基金によってまかなわれています。
まだJFAへご入会ではない方はぜひご加入ください。
よろしくお願いいたします。
by climbworks | 2007-06-07 01:37 | Climbing

松川ボルダーへ

またまたご無沙汰してました。
いろいろなことがあったのですが、少しずつご報告していきたいと思います。
まずは、、、

6月1日。
TOKIOとfreefan取材で白馬の松川ボルダーへ行きました。
本当はFF編集部スタッフ全員で行きたかったのですが、僕らが土日がなかなか揃って休めず(みんなは土日しか休めず)、時間ができたときにポッと行った感じです。
f0039916_12013100.jpg
(もうすぐ10年なんですね。早っ。)

朝4時半に起きて、6時すぎに韮崎のTOKIO宅に到着。さらに2時間かけて白馬のブルークリフに到着。寝ていたTAKIちゃんたちを無理矢理起こします。
曇り空だったので、1時間ほど時間をつぶして、10時に現場着。
最初の核心は四角岩のある中州への渡渉です。
f0039916_181853.jpg

気合いのジャンプが必要です。ジャンパーはTAKIちゃん。
f0039916_185250.jpg

僕は今回はカメラバックがあったので、相当に緊張しました。落ちたら終わり?!

f0039916_1112656.jpg
四角岩はそんなに難しくはないのですが、高さがあるので精神コントロールが必要。登っているのはTAKIちゃん。

TAKIちゃんたちは午後から用事があるというので、ここでお別れ。続いて三角岩へ向かいます。
ここは以前にも写真を紹介した岩ですが、ボルダー1周全面角度の異なるハングで、初心者から中級者が楽しめる岩。ライン次第ではもちろん上級者も遊べます。
f0039916_1214860.jpg

ひと通り登ったら暑くて耐えられなくなり、白馬の山々も雲で隠れて撮影もできないので、TAKIちゃん情報をもとにボルダー探しの旅に出かけました。
TOKIOによると(僕は眠くてダウンしてた)デカイのがあったそうですが、たとえ某有名クライマーのような土木工事をしても到底ランディングは良くなりそうもないということで今回は見送り。夕方、再び松川へ戻ります。

しかし、相変らず雲は取れません。雄大な景色をバックにした撮影はあきらめ、情報では以前は付近が工事中でランディングがイマイチだったという上流のほうに見える岩まで行ってみることにしました。
確かにランディングはイマイチでしたが、思ったほど悪くもありません。難儀したのはアプローチのほうでした。
しかし、そこは実は松川ボルダーはこの岩が一番いいんじゃないかと思えるようないいボルダーでした。
f0039916_1313082.jpg

登っているのはTOKIO。確かにランディングはイマイチ。(彼に倣って僕もパッドなしでこの課題は登りました。高さとランディング悪さを加味して1~2級?)

結局、面白くって日暮れまで登って、白馬の名湯・みみずくの湯へ。その後ふたたびTAKIちゃんたちと合流して夕食をともにしました。さすがにSNOWシーズンは終わったので宴会モードではありませんでしたが…。

詳細は6月末か7月アタマ発行予定のfreefan56号に掲載されますので、お楽しみに!
(まだ、未更新・未入会の人はお早めに手続きを!詳細はJFAのHPへ)

韮崎のTOKIO宅に戻ったのは12時近くでした。疲れてたので即・爆睡。
翌日は長野。ボコダキ岩のリボルトです。
by climbworks | 2007-06-06 01:47 | Climbing