Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

クライマーの皆様へ

先日取材に行った、豊田の岩場からの重要な情報発信です。
ぜひご覧ください。(タイトル名にすべてリンク貼ってあります)

激攀日記!!

(そして関連記事)
男の日々

実はそのエリアは取材時も駐車場があふれていて、我々は迷わず転進しましたが、
駐車場が満車でも路肩に停めて登りに行ってるクライマーがいました。うーん。

さらには湯河原幕岩登攀禁止
こちらは自然落石が原因とはいえ、かなり大きな問題です。

(続報)その後の情報で当面の禁止は
   ”正面壁”と”てんとう虫ロック”だけという噂も。
    詳細わかり次第、またお伝えしますが、
    当面の間は全面禁止ということで認識してください。


また、鳳来では焚き火が問題となっております。
   (↑もうすぐ情報アップ予定)

後から後からアクセス問題。どうしたらいいの?
(自分も理事のくせして言うのはなんだけど…)JFAはイマイチやる気ないし。

しかし、もうローカルにだけ面倒な仕事を押し付けるのは限界があるような気がします。
皆様のご意見をお待ちします。
(次のfreefanにアンケートも載せてるので、ぜひ送ってください!)
by climbworks | 2008-01-29 13:29 | Climbing

スキー&スノボツアー

今日はヤマケイの編集作業が軽く一息ついていたので、ふだんクライミングレッスンの仕事でお邪魔しているRONDOフィットネスクラブのスキー&スノボツアーに参戦してきました。行き先は新潟県の舞子スキー場。
全参加者25名のうち、5名がクライミングの常連さんなので、僕が行かないわけにはいきません。
チャーターバスで行くので、行きも帰りも爆睡できて、たまにはこういうのも良し、です。
新しいお客さんの開拓にもなるし、RONDOのスタッフにもお世話になっているので、お客さんの荷物の積み下ろしなど手伝ったりもして…。
f0039916_23131288.jpg
         フィットネススタッフのUDAGAWAくん。車酔いになりながらも独特なトークで皆を楽しませてくれました。


f0039916_2326982.jpg
そして、着いてみるとこんな貸切部屋が用意されていて、着替えや荷物置きが楽勝!
実はもう一人の添乗スタッフのKUMAGAIさんおお父さんが、このスキー場のホテルの支配人さんなんです!
さらにスキー後の温泉もタダ。これまで参加したRONDOのツアーでは一番待遇良かったかも!

で、いつものように滑りの写真はありません。
  ※今回撮った写真、上の2枚だけ(カメラ泣いてる?!)

現地滞在6時間半のうち、昼食に20分、トイレ休憩1回以外はただひたすら、黙々と1人で滑りまくり。
おかげで、ようやくテレマークターンの何たるかが、わかりかけてきたような気がしました。
雪質もまずまずで、スキー場到着時間は遅かったけど、パウダーの残骸も味わえました♪

今回もうひとつ気づいたこと。クライミング同様、滑りもウォーミングアップが重要。良い修行になりました。

参加された皆さん、UDAGAWAくん、KUMAGAIさん、お疲れ様&ありがとうございました!!
また参加させてくださいね!!
by climbworks | 2008-01-27 23:35 | Snow

すみません・・・

毎日たくさんの方に当ブログにご来訪いただいておりますが、なかなか更新ができずすみません。

現在、freefan57号の最終追い込み、ヤマケイ3月号の編集作業佳境(&4月号制作準備)、
ロクスノ#038の取材等を同時進行しており多忙を極めております。

ですので、ブログ更新は今しばらくお待ちを!
(日々、いろんなことが起きてて、書きたいのは山々なのですが…)

f0039916_23444866.jpg
けっこう高いボルダーだったんですが、スポットはおろか、誰も見ていてもくれません。。。
落ちるときはしゃーない!((しょうがない!) 人生そんなもんですね。ははは。
by climbworks | 2008-01-22 23:47 | 日常

もうすぐ完成!

大変お待たせしておりますが、ようやく出口の光が見えてきました。
内容はアタマ痛くなるようなことばかりで、当然編集作業でもアタマ痛くなりました。
でも、皆さんに知ってもらい、考えてもらいたいことばかりです。

f0039916_323118.jpg



もうしばらくお待ちください。これでも寝る間を割いて作ってるんですが…。
よろしくお願いいたします。
by climbworks | 2008-01-17 03:26 | Media
昨日、ヤマケイ2月号の見本が届きました。
実は1月号は日ごろのブログでのヤマ●イ批判がたたってか(冗談です)、お仕事はナシでした。
そんでもってカンバックの2月号。

特集は、「山のリスクマネジメント」。
要は表紙にモロ書かれていますが、「山の危険を管理する能力」をつけよう!ってもの。
f0039916_1533729.jpg


その中で僕は雪崩関係の記事(P62~67)、カラー6ページを担当しました。
本来ならば本1冊書けるぐらいの内容を6ページに凝縮して表現する作業でしたのでまとめるのが大変でした。折りしも雪崩遭難が相次いでいるときだけに、かなりエネルギーつぎ込んで制作しましたので、ぜひご覧になってください。

※ただし、この記事を読んだだけでは当然不十分・ちゃんとした雪崩講習を受けてくださいね!
(僕も3月に、あらためて5日間の雪崩講習会を受けに行く予定です)

その他のリスクマネジメント関係の記事も登山やクライミング、BCスキー・ボードをやっている人たちすべてに一読(したうえで自分で必要な勉強を自分でやって)ほしい内容満載。
さらに、少ないけどバックカントリーガイド記事(もうちょっと滑り重視なのが良かったね)や。、アイスクライミング記事(今年もやる暇なさそうだな…)もあるので、いつもより読むところアリかもです。

書店に並ぶのは1月15日(火)ですが、その前に1月号が残っていたらこちらもぜひGETしておいてください。
1月号特別付録の「山の便利帳」ってのが、山で遊ぶのには何かと使えるのです。言ってみれば登山界のイエローページ。昔、この雑誌の仕事をする前、この便利帳がほしくて1月号だけは買った頃もありました。

そんなわけで本年のMedia関連のお仕事もよろしくお願いします。
by climbworks | 2008-01-14 15:30 | Media
1月4日。正月のスキー旅行も3日目。次のネタが書けないので一気に片付けちゃいます。

夜中はずっと小雪が降っていたみたいですが、朝、目が覚めると青空も見えはじめていました。
これは急がねば!と、妻子も妻実家家族も放っぽりだして、単独で、リフトの営業開始時刻の8時半前に長坂ゴンドラ乗り場へ向かい、半日券を購入。すでに20人近くにの人が並んでましたが、前日は団体行動だったので、リフト券購入からゴンドラに乗るのに20分ぐらい待たなくてはいけない状況でしたが、今日は問題なし。

ゴンドラに15分ぐらい乗り、下りたら「やまびこゲレンデ」方面へダッシュ。このころ雪が再びゴンゴンと降ってきました。やまびこゲレンデは毛無山山頂直下の野沢温泉スキー場ではもっとも標高が高い場所にあり、雪質もグーなのは昨日確認済み。

ゲレンデトップにはまだ数人しかいません。圧雪されたコースの上に20㌢ほど軽い新雪が乗った状態で、まだ降り積もり続けています。テレマーク初級者には最高のコンディション(かな?)。
f0039916_1581045.jpg

とりあえずゲレンデを滑りまくり、人が徐々に増えてきたところで、やまびこAコースとBコースの間にあるツリーに突入してみることにしました。視界は悪かったですが、ここは左右どちらに出てもコースに戻ることができ、真ん中に行けば、ちゃんとリフト乗り場に出れるので、効率よくオフピステを滑ることができます。

昨日までの凸凹が若干残ってましたが、ほぼリセット状態。夢中になって、もちろん雪まみれになって滑りまくりました。なんとなくオフピステ、しかもパウダーでの滑りの感覚がつかめてきた感じです。むろんボードのように自由自在というわけにはいきませんが、とりあえずテレマークでも意味不明な叫び声をあげながら滑れるようになったのは収穫です。一昨日の特訓が効いてる感じ。

ヘトヘトになったころに家族に連絡しようとすると、携帯電話がない! 中間着のポケットに入れておいたのですが、ジッパーが開いていつの間にか飛び出しちゃたみたいでした。半分あきらめてパトロールの事務所に尋ねてみると、なんと上(やまびこコース)のリフト乗り場に届いているとのこと。あの大雪のなか、奇跡としか言いようがありません。

で、携帯を受け取りに行ったついでにまた5~6本滑ってしまいました。そしたら川崎から単独でやったきたというテレマーク歴8年と言う兄ちゃんとリフトが一緒になってしまい、さらに3本ほど滑ってしまいました。

携帯を回収してようやく家族と連絡が取れ、気がつくとリフト午前券のタイムリミットの5分前。宿の方面に下りるためのコースへ行くためには連絡リフトに乗らなくてはいけません。
毛無山の山頂付近から一気に下り、連絡リフト前は軽い登りと平坦路があり、そこを猛ダッシュで歩きました(ああ、テレマークでよかった)。

あきらめて下山しようとしていた妻子にもギリギリ追いつき、最後はロングコースを3人で滑りおりました。
ほぼ4時間滑りとおしで半日券の元を十二分にとった最終日でした。宿に戻ってSKINSを着込み、帰路へつきました。

(おしまい)
by climbworks | 2008-01-13 02:26 | Snow
1月3日

正月恒例のスキー&温泉旅行リポートの2回目。そろそろ忘れそうだから、とっとと書いちゃいます。

せっかく野沢温泉なんだから、外湯めぐりレポート。

初日(2日)の夜は宿に一番近かった中尾の湯に行きました。
野沢の外湯の中では結構広めで比較的入りやすい湯温。
f0039916_1650768.jpg
オススメ度=★★  婦人病にいいそうです。他の外湯とは離れた場所にあるせいか混み気味。

この日は移動と午前&午後と講習を受けて疲れたので、外湯めぐりは1ヶ所のみ。



2日目、大して新雪も降っておらず、家族とともに行動したので、朝はゆっくり、滑りもまったり。
それでもみんな先に帰ったのに僕だけ営業終了まで滑ってました。
で、夜は一人で外湯めぐりに。

1ヶ所目。麻釜の湯へ。小さい湯船ですが、かなり熱いので回転が早く、それほど混みません。f0039916_16503861.jpg
オススメ度=★(熱すぎ)


2ヶ所目。上寺の湯。比較的入りやすい温度。建物も新しめ。f0039916_1653411.jpg
オススメ度=★★  外観の写真を撮るのを忘れました。


3ヶ所目。熊の手洗湯。超熱と快適の2つがあり、いい感じ。お湯も透明でキレイ。
f0039916_16555480.jpg
オススメ度=★★★  でもかなり混んでる。


途中、河原湯大湯は混んでて敗退(パス)。


4ヶ所目。十王堂の湯。2階にあります。ここもかなり熱いがけっこういい。f0039916_16585199.jpg
オススメ度=★★ 外に温泉卵などをゆでる所があります。


5ヶ所目。秋葉の湯。一番空いてました。お湯もぬるめで長時間入れました。f0039916_172126.jpg
オススメ度=★★ 不透明でちょっと緑色っぽいお湯。水で湯温を下げているせいかな?


というわけで12ヶ所ある外湯のうち、一晩で7ヶ所の外湯をめぐり、5つ(2日で6つ)入ってきました。
いい加減疲れてきたのと雪がけっこう降ってきたので、明日はパウダーがいただけるかも、ということで宿に帰って寝ました。もちろん体はポカポカでした。

残すは6ヶ所。次回野沢に行くときがあれば完全制覇したいと思います。
(スキーシーズンと夜8時~10時ぐらいはどこも混み気味です)
by climbworks | 2008-01-12 17:10 | たび
微妙に忙しくて更新が滞り気味なのですが、少しずつでも正月旅行のことを
アップしていきたいと思います。

新年明けて2日~4日の2泊3日で長野県の野沢温泉スキー場へ行ってきました。
毎年恒例の妻実家との家族旅行です。総勢9名と1匹の大所帯。

僕はあくまでゲスト的な立場なので、「どこに(滑りに)行きたい」などとは言えません。
「今年は野沢温泉」と言われればそれに従うのみ。
それでネットでスキー場のことを調べると、なんと今年からテレマークスキーのレッスン
開講しているという情報をキャッチ。
年末の白馬初滑りツアーでは講習を受けることができなかったので、速攻申し込みました。

2日の朝4時半に立川を出発。
ETCカード2枚を駆使して、深夜早朝割引、通勤割引×2で、通常5400円のところを
3200円の高速料金で入間ICから上信越道の豊田飯山ICまで行けました。

途中朝飯など食いつつ、8時半ぐらいには野沢温泉の宿には着いたのですが、
前夜の大雪で、民宿の駐車場から出る車の除雪のためなかなか駐車できず、
更衣室でウエアに着替え始められたのが9時過ぎになってしまいました(汗)。

野沢温泉スキー場は昔ながらの温泉街にあるスキー場なので、宿からゲレンデまでの
アクセスが非常に悪く、シャトルバスとかも走っているのですが、宿の場所によっては
バスがいつも満員で乗ることができません。当然のごとく家族は放っぽり出して、
結局スキー担いで一人ゲレンデまで走りました。

案の定、スクールの集合場所では「テレマーククラスのDsukeさーん!」と呼ぶ声が。
10時の午前の部の開始時刻1分前に到着したのですが、汗だくです。
何人いるのかと思いきや、テレマーククラスの参加者は僕一人。ラッキー!

料金表ではプライベートレッスンを申し込むと1日2万円なわけですが、
通常のテレマークレッスンは1日6000円(レンタル付きの場合は9000円)で、
もちろん、6000円プラスリフト代だけでたっぷりマンツーマンで受講することができました。

午前は基礎練習。体重移動やスキーのずらし方(テレマーク姿勢の取り方)などを
みっちり教わりました。
自分も3シーズン目ということもあるのかもしれませんが、今回当たったインストラクターの
志水隆介さんはテレマーク歴2年(もちろんその前にアルペン選手・イントラ歴が長いのだけど)で
TAJの公認指導員に合格するほどの滑り手。すごくわかりやすい!! もちろん超ウマ!
なんか自分も上手くなったような気がする。いや上手くなったに違いない!と満足気分で
午前の部はアッという間に過ぎていきました。

昼食はゲレンデのレストランでカレーとミートソーススパゲティのてんこ盛りコンボセットを
食してエネルギー充填。

f0039916_2392377.jpg

1時間後、午後のレッスンの始まり。こんどはゴンドラに乗っていきなりゲレンデ最上部まで移動。
フォームの修正などの指導をしてもらいながら、志水さんに上のコース説明をしてもらってる感じ。
しまいにはスキー場内の圧雪が入らない場所を教えてもらうという、プチパウダーガイド状態。
もちろん雪まみれになりましたが、すんごい楽しかったです。

ベースに戻った時にはレッスン時間をかなりオーバーしていました。いやあホント大満足。
機会があれば、また志水さんに教わりたいと思いました。

f0039916_239425.jpg

右が志水隆介指導員。K2やガルモントのサポートも受けているライダーです。
大変お世話になりました! 今度、山、行きましょう!!

(2日目へつづく)
by climbworks | 2008-01-07 02:48 | Snow

謹賀新年

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。



今日は明日からのスキーの準備(いつものようにWAXがけ)を午前中して、
午後は近くの神社はげき混みなので、ちょっと離れた神社へ初詣に行きました。
f0039916_19311422.jpg


明日以降、しばし更新が遅れるかもしれませんがご容赦ください。
とにかく、修行に励んで参ります。 乞うご期待!
by climbworks | 2008-01-01 19:31 | 日常