Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

PEAKS 6月号発売です

f0039916_132073.jpgPEAKS 6月号
ピークス6月号 枻(えい)出版社 880円

PEAKS6月号が発売になりました。
今月は過去最高に広告が入ったということで、担当したページも少し圧縮されてしまったのですが、嬉しい悲鳴ですね。
これからもご期待に沿えるよう、末端ライターですが頑張っていきたいと思います。

で、担当させていただいたページは…、

・P66-69
ソロトレッキング塾・9時限目
「伝説の単独行者に果敢に挑戦!」


小説「孤高の人」のモデルともなった加藤文太郎の足跡を訪ねて、文太郎が単独行のトレーニングにもしていたという六甲全山縦走にチャレンジしてきました。全行程56㎞で総標高差は3000mオーバー!
ハードコンディションのなか、超ツラかったけど、楽しかった20時間の記録です。


・P122-123
ぶらり超個性的山道具店(連載第6回)
「神戸ザック」


早くも6回目を迎えた「ぶらり・・・」。今回は上記「全山縦走」の前日に神戸の名店「神戸ザック」さんにお邪魔してきました。
そこで購入した帆布ザックで全山縦走も無事完走できちゃったわけです。今回もまた個性的なショップでしたよー。



担当ページ以外では、ギア特集は「トレッキングパンツ」、付録には「富士山ハンドブック2011」、インタビューはあの平山ユージ大センセーが登場! 正直、自分の担当ページが霞んでしまうほどの面白企画ばかりです。
というわけで今回も読みどころ満載のPEAKS。ぜひ書店でご覧くださいませ!



ポチッとはこちらで↓

by climbworks | 2011-05-16 01:32 | Media

あの日から

前略、長らくブログ放置ですみません。 3月11日から丸2か月が過ぎました。

実は震災当日、僕はは妙高の山の中にいました。
雑誌のタイアップ取材を終えた僕は、滑り系カメラマンのKJ氏、某山岳雑誌編集者のS目氏とともに
自分にとっては今シーズン最高のパウダースノーの中で奇声をあげていたのです。

ひとしきり楽しんだあと、3人でスキー場に降りてきてみると、リフトもゴンドラも止まっている。
S目氏の知り合いのスキーパトロールに聞くと、「大きな地震があり、運転を止めている」とのこと。
急いでパトロール詰所のTVを見に行くと、東北を震源とする大地震があったと報じられていました。

家族に電話してもまったく通じない。ただこどじゃないことがわかりました。
しばらくすると、高速道路も通行止めになっているとの情報が入り、その夜はS目氏の知人宅に
泊めさせてもらうことにしたのです。
その夜は、関東方面とは電話がなかなか通じず、大きな余震も続き、不安な夜でした。
皆さんもきっと同じだったことでしょう。

白馬では、大地震との因果関係ははっきりしませんが、知り合いが雪崩で亡くなり、
もしかしたら、僕らは運が良かったのかもしれません。
本当は、翌日も滑って帰る予定でしたが、高速道路が開通した報を聞き、さすがに帰京しました。

いろいろ思うところもありましたが、僕の仕事は山や岩を登ったり、雪を滑ったりして、
それを誌面にすることなので、2週間ぐらい自粛したあとは努めて普段の生活に戻すようにしました。

3月27日は友人の山岳カメラマンKAZ氏と草津白根山を目指しましたが、
震災の影響で草津のゴンドラが動いておらず、湯の丸山に転進しました。
f0039916_2414116.jpg

f0039916_2404798.jpg
     (写真は湯の丸山BC。新井和也撮影)


4月1日は、PEAKSの取材も絡めて、家族で志賀高原へ向かいました。
これは昨年のうちに宿泊クーポンを購入していたために、その消化旅行だったのですが、
宿の女将さんは、震災以降、大口のキャンセルが相次ぎ、大変困られているご様子でした。
事実、僕らが宿泊した宿も僕ら以外は1組のみの宿泊という状況でした。
もちろん、スキー場もガラガラで、仕方ないとは言え、大変厳しそうな様子でした。
f0039916_2531556.jpg
     (写真は熊の湯スキー場トップにて。良いお天気でした)

ちなみに4月3日には安曇野のマウンテンショップ・バックカントリー穂高さんを取材しました。
その模様はPEAKS・5月号のP90-91に掲載されています。よかったらご覧ください。

こんな仕事ですので、世の中が1日も早く元通りになってもらいたいと心から思うのです。

5月は関西の六甲全山縦走、GWは南会津の山に行ったので、続きはまた書きます。


by climbworks | 2011-05-11 23:58 | 日常
埼玉の金毘羅岩が駐車場問題を発端に登攀禁止になってしまいましたが、
聖人岩でも駐車場問題が再発しています。
路上駐車は禁止、これまで市有地と噂されてた無料の駐車スペースは私有地ですので、
駐車できません(違法駐車です)。定められた有料の駐車場等へ停めるようにしてください。

詳しくは、以下をご参照ください。
http://freeclimb.jp/news/news2011_2.htm#shonin

ついでに、駐車場情報をいくつか。

秋川・神ノ戸の岩場&ボルダー
5月3・4日(たぶん5日も)はマス釣場の有料駐車場が繁忙期につき駐車できないという情報です。
同岩場を利用予定の方は電車&バスの利用をオススメします。
また周辺の路上駐車も近隣住民から注意を受けていますので、基本的にできません。

秋川・天王岩
マス釣り場の上流の駐車スペースには停めてもよいという噂が流れていますが、
こちらが把握している限りはそのような事実はないはずです。
(昨年、釣り場の方にその許可をお願いしましたが、まだOKはいただいていません。)
岩場上の神社付近、資材置き場等もも駐車不可です。
バス利用または、十里木交差点近くの公共(公園)駐車場から歩くなどしてください。

名栗・河又
トイレ前の駐車スペースに駐車しているクライマーがまだいるそうです。
河又自治会との取り決めにより、クライミング等での長時間駐車は
河原広場または団子屋さん(トイレ前駐車場の向い)に1日1台500円を支払って
駐車するようにしてください。
なお、近くにある「さわらびの湯」はJFA会員証提示で割引入浴できますので、ぜひご利用ください。


いい加減、大人にならないと、登れる岩場がどんどん減っていきますよ~

また、100岩場等のガイドブックやインターネット等の情報に「駐車スペース」と記されていても
必ずしも地権者や近隣住民の許可を得ていないところもあるようですので、
駐車をする際は、地域の人に一声かけるなどすることをオススメします。
by climbworks | 2011-05-03 03:29 | Climbing