Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

PEAKS 1月号

PEAKS1月号の表紙の3人の足や手の動きって、楳図かずおのマンガ(漂流教室など)のキャラの動きに似てる感じがするのは僕だけだろうか?(特に後ろの2人)
特集と連載で、全18ページ書いているので中身も読んでね!


# by climbworks | 2012-12-30 15:13 | Media
今日はロンドフィットネスクラブで「親子クライミング教室」を開催しました。
お子さんだけ登らせると、親御さんが下で勝手なことばかり言って、お子さんの頑張りがどのくらいのものか、わからないし(実際、感動している親はたくさんいた)、保護者として、クライミングがどんなものかを知ってもらっておくことで、お子さんが本気でクライミングをしたいと言い出した時に、いろいろ(それこそ親身になって)考えてあげられると思うからです。
それに、親子で登ると楽しいですしね。
ということで、13組26名の親子に参加していただきました。将来有望なスーパーKIDSも何人かいました。
1日中大声出して、上向いていたので、ヘロヘロです。でも、楽しかったぁ!機会があれば開催しますので、ぜひまたご参加ください!
f0039916_2365960.jpg
    ありがとうございました!!
    (しかし、壁きたないなあ…泣)
# by climbworks | 2012-12-23 23:11 | しごと
東京都東村山市の久米川駅近くにあるロンドフィットネスクラブのクライミングウォールにインストラクターとして15年以上お邪魔しているのですが、そのクライミングウォールで定期的に開催しているクライミングコンペが今回で33回目をむかえ、12月22日(土)に実施し、過去最高の26名もの参加をいただき(エントリーは定員いっぱいのの30名でしたm(__)m)、無事終了いたしました。

勝ったのは6年間出続けて、悲願の優勝を果たした、クボリン。おめでとうございました。
コンペ後の忘年会を兼ねた打ち上げも、コンペにご参加いただけなかたった方も多数駆けつけていただき、大いに盛り上がりました。どうもありがとうございました(会場提供&お世話役のミチコにも感謝!)。

次回はまだできるかどうかわかりませんが、通常ならば4月にボルダリングコンペがあるかもしれません。もちろん実施できるように、最大限努力するつもりです。(ちなみに、ボルダリングコンペは、今回のロープのコンペ33回のほかに20回ぐらいやっています。)

12月24日から今回のコンペルートを含めた新しいルートも登れるようになります。ガンガン登りに来てください(ルートは順次追加していきます。23日は親子クライミング教室を実施します)。そして、今回ビギナークラスで出場した皆さんは一般クラスに昇格するよう上達していただき、ビギナークラスへは、また新しい仲間を迎えられるようにスタッフ一同頑張っていきます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

井上大助
# by Climbworks | 2012-12-22 23:59 | Climbing

freefan#064

大事なものをご紹介するのを忘れてました!

f0039916_3363651.jpgfreefan#064
フリーファン64号(2011年秋号)

日本フリークライミング協会会報の第64号です。
メイン記事は「小川山クラシック」。おなじみ新田ロンが、ペンギンクラックや廣瀬ダイレクトといった小川山の初期開拓ルートを斬りに行きました。
その他記事は、僕が担当した「軽量ハーネス比較」や、Made In JAPANでは、あの石の人・草野俊達インタビューなどが掲載されています。

なお、freefanは日本フリークライミング協会の会員ならば、無料で自宅まで送られてきますが、2011年度の更新がまだの人(200人ぐらいいます)には送られていません。「なんか今回来てないなー」と思われている方、前回会費のお支払時期または会員証の有効期限をご確認ください。

また、会費納入(新規入会/更新)は、従来の郵便振替、銀行振り込み(更新のみ)のほか、今回あらたにクレジットカード決済がオンラインでできるようになりました。郵便局や銀行に行く時間がない!という方はぜひご利用ください。
(freefanのバックナンバー購入代金や岩場整備基金へのご寄付にもご利用いただけます!)

クレジットカード決済は、コチラ

よろしくお願いいたします。
# by climbworks | 2011-12-03 03:38 | Media

いかん、いかん!

またまたブログを放置してしまいました。
うかうかしていたら、某人気山道具店の店長氏のブログにリンク貼られちゃったりしたもんだから、あわててブログ更新です。

この1ヶ月、滋賀、京都、大阪、群馬(有笠)、長野(佐久)、愛知(鳳来)、湯河原(幕岩)などなどいろんなところに行きました。おかげで、プリウス号も13万㎞突入です(やれやれ)。その前は栃木の皇海山や、茨城の筑波山にも行きました。移動と取材と締め切りとを繰り返し、11月は岩場整備の作業のお手伝いにも4日ほど出勤。充実と言えば充実してましたが、疲れましたねー。

で、新しい順に掲載誌だけでもご紹介しておきましょー!


f0039916_2422757.jpgランドネ 1月号
2012年1月号 エイ出版社 680円

げーっ。もう1月号ですよ。
久々にランドネちゃんに書かせていただきました。

P86-87 Let's Climbing
のQ&Aコーナー

クライミングの小特集をやるって言うんで、ビギナーさん向けにQ&Aコーナーを担当。簡単に、簡単にまとめましたが、一応は筋をはずさんように書いたつもりです。
東西クライミング女子のスナップや野口あきよちゃんのインタビューも掲載されています。

メイン特集の「京都案内」もなかなか良いですよ。













続いて、
f0039916_2543813.jpgPEAKS 12月号
ピークス NO.25 エイ出版社 880円

おなじみPEAKSです。

・P106-107 ぶらり超個性的山道具店(連載12回目)
今回は、愛知県・一宮市の「ポカラ」さんにお邪魔しました。なんとこのお店、化粧品店と山道具屋が合体しているのですよ。そして、人生初のフェイスエステに挑戦(挑戦するもんじゃないよね。体験か)。

・P31-134 妙高バックカントリー
マウンテンハードウエアのシェルの新素材「DRI.Q」のテストを兼ねて、妙高のBCをモデルの大森千歳ちゃんと滑って、転んできました。取材は今年3月の震災の日でした(掲載記事は前日に撮影)。
ちなみにMHWのDRY.Qのスペシャルサイトには僕も登場していますので、良かったら覗いてください(TESTIMONIAL/PRESSとTOUR REPORTの2か所です)。もちろんウエアの感想も述べていますよ。













さいごは、

別冊PEAKS週末トレッキングガイド[関東編]
エイムック2278 エイ出版社 1260円
f0039916_3155158.jpg
なにげにオススメなのがこれです。首都圏から日帰り~1泊で登れる山を大特集。再録ではなく、すべてこのムックのためにPEAKSおなじみのライター陣が取材に行きました。
僕は、
・P92-97 皇海山
「スカイのワイルドサイド」

・P102-107 筑波山
「関東平野の展望台」


を担当。
なぜか田中正造の言葉を引用してたりしてますが、理由はぜひ本書をご覧ください。

しかし、関東は近くていい山がたくさんあるもんだなー、ってあらためて思いました。



   みなさん、よろしくお願いしまーす!
# by climbworks | 2011-12-01 02:43 | Media
またまた、ブログ放置すみません。
政治は東日本大震災からの復興はまだまだなのにTPP交渉参加に浮かれたり、もちろん原発事故収束もまだなのに、「いったい何を言ってんだい!」という感じで、僕は心が落ち着きません。
そんななかでも、仕事はしていました。というこで、遅まきながら。掲載誌のご紹介。
担当させていただいた記事は以下となります。


f0039916_1535448.jpgPEAKS No.24
ピークス2011年11月号 エイ出版社

・P161-164 ぶらりスイスアルプス4000m峰
マムートの150周年記念のイベントがスイスのユングフラウヨッホで開催されたのですが、そのプレスツアーに参加させていただき、標高3500mでのキャンプ体験や名峰メンヒ4107mに登頂したり、あのアイガー北壁に取り付いて?みたりしたときのレポート。

PEAKS誌面ではあまり書けなかったのですが、同行した「岳人」の廣川編集長には(他誌なのに)並々ならぬお世話になりました。本当にありがとうございました

・P138-139 ぶらり超個性的山道具店DX 連載11回目
今回は三重県は四日市の「シャモニ」さんをぶらり訪問。懐かしのクライミングウォールに再開した旅でした。

今号は第一特集は冬のウエア特集だったので、ブランドによっては大きなモデルチェンジは2年に1回だったりするし、興味の有り無しは分かれるところだろうね。
そんな中でも僕が気になったのが、プルオーバータイプのシェルジャケットかな?
昔はヤッケみたいな感じで一般的だったけど、最近はあまり見なかったから、ちょっと新鮮でした。 

よかったら、ご覧くださーい。


# by climbworks | 2011-11-08 01:56 | Media

おひさしぶりです

長らくのブログ放置すみません。
6月のアメリカ行きのあとぐらいから、猛烈に忙しくなって、8月にはスイスに行ったり、そのあと九州行ったり、取材で小川山に何度も行ったり、レジェンドたちのインタビューをしてまわったり…。
そしてパソコンの故障(実は今も調子わるい)。

そんな状況でした。

しかし、9月以降年内はは少し仕事量を減らして、失ったものを取り戻し、雪が降るまでは岩を登り、雪が降ったら、しっかりテレマークの練習をしたいと思っています。

で、そのクソ忙しかった原因のひとつがコレ。。。


PEAKS No.23
ピークス 2011年10月号 エイ出版社

f0039916_13591329.jpgなんといっても第2特集の「小川山クロニクル」です。けっこう力入れて作りました。
室井さんや吉川さん、大岩夫妻に堀地さんといったレジェンドたちへのインタビュー。
まあ、PEAKSなので、長くクライミングをやっている人には物足りないかもしれませんが、
まだクライミングや小川山をよく知らない人には、その魅力をつたえられるのではないかと思います。

あと、僕の担当ではありませんが、インタビューに池田常道・元「岩と雪」編集長が登場します。
クライマーならばこれだけでも十分読む価値ありです。


以下、担当ページです。

・P86~89 Teva Mountain Gamesレポート

・P106~  [連載]ぶらり超個性的山道具店 ・・・ついに九州上陸です!

・113~  小川山クロニクル  ・・・2/3ぐらいページを担当しました。


もちろん、いつもの山の記事も大充実。ぜひ書店でご覧になるか、ポチッといってください!












あと、以下の雑誌/ムックでも記事を書いています。
よかったら、ごらんください。
リアルキャンプBOOK・・・クライマースタイルキャンプをMAX柴田君と担当。まじ、リアルです(笑)。
TRAMPIN’・・・瑞牆山の登山コースガイドを書かせていただきました(写真もセルフです)。

リアルキャンプBOOK

リアルキャンプBOOK
価格:1,260円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


# by climbworks | 2011-09-19 14:00 | Media

GRIGRI・2 リコール情報

すでにご存じの方も多いかと思いますが、今年発売になったペツルのグリグリ2がリコールとなっています。
詳細は以下の輸入元である㈱アルテリアのリリース(リンク)をご覧ください。
※対策品の準備にはしばらく時間がかかるそうです。

f0039916_1163524.jpg
                          (画像クリックで拡大)

Climbworksで当該商品をお買い求めの方は、お持ちいただければ、まとめて交換依頼をいたします。
また、リリースになるように個人で輸入元に交換依頼をされても構いません。

対策品の入荷情報など、新しい情報が入り次第、またお知らせしていきます。
# by climbworks | 2011-06-22 01:17 | Gear