Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

Gary Moore 逝く

青春時代(主に中学・高校)のギターヒーローの一人、ゲイリー・ムーアが急逝しました。
アルバムを買いあさり、ギタープレイをコピーして、ライブにも何度か行ったな。
20年ぶりの再来日も決まっていたのに…。

ゲイリーは、ブルースをベースにした超絶なテクニックで、フュージョンからハードロックまで
とにかくすごいギタープレイを聴かせてくれました。
”Always Gona Love You”は高校の音楽の時間にコピーしたなぁ。
”Hiroshima”など反戦をテーマにした曲も心に残っています。

あの”泣き”のギタープレイをもう聴けないと思うと本当に悲しいです。



ご冥福をお祈りします。
# by climbworks | 2011-02-08 00:47 | Music

GRIGRI・2

久しぶりのギアネタです。
話題のグリグリ2の業界向け先行輸入分の1台を入手することができたので、テスト開始しました。

f0039916_2173056.jpg
大きさで25%、重さで20%、従来品よりコンパクト・軽量になっています。
これならば、マルチピッチに持って行ってもそんなに苦になりませんね。
(従来品でも持って行っていましたが…笑)

f0039916_2174928.jpg
ポイントは、中のカム部分(ボビンと言うらしい)の形状が徹底的に見直され、
流行りの細径シングルロープにも対応したこと。
8.9mmから使えることになっています。最太は11㎜まで。(推奨は9.4~10.3㎜)

細径ロープに対応したことはもちろんですが、ロック解除時のコントロール性が
格段に良くなっている点もすばらいしいです。
初めてグリグリを使う人がクライマーをロワーダウンさせる時のドキドキが少し軽減される感じ。
我々高所作業でグリグリを使う者にとっては、懸垂下降時のコントロール性が非常に良くなっています。
その他、ロープの繰り出しなどのコントロール性もブラッシュアップされています。

受注開始は3月からで、一般発売は4月からとのこと。
初回入荷分が売りきれたら、次の入荷まで時間が空くことが予想されますので、
気になる人は早めの予約をオススメいたします。もちろん、Climbworksでも予約可能です。

ちなみに私は、フィットネスクラブでお客様に使ってもらっている4台のグリグリをすべて一新する予定です。
これは、かなりいいですよ!

引き続きテストして、気づいたことはまたレポートしていきたいと思います。
# by climbworks | 2011-02-04 21:11 | Gear
f0039916_265320.jpg【別冊PEAKS】
山岳遭難
最新エマージェンシーBOOK

1200円+税 枻(えい)出版社刊

仕事したってほどじゃないけど、1本だけ原稿を書きました(2000円分。笑)
さあ、それはどこでしょう??

冗談はさておき、まあ、とにかく、なかなか読み応えのある本ですよ。
PART3(3章ってことね)ぐらいまでは、山の基礎知識的な内容で復習みたいなもんだけど、
PART4以降は知ってて損のない事ばかり!

正直、勉強になりました。。

最近のPEAKS別冊は、ほんと、良いね!

アンドウ少年、よく頑張った!


良かったらどーぞポチッと

# by climbworks | 2011-01-29 02:10 | Media
f0039916_13322288.jpgランドネ 3月号
Randonnee 2011年3月号
枻(えい)出版社

うちのナツミちゃんが2ページほど書かせていただきました。

・P84-85
How to enjoy Snow shoeing?


スノーシューの基本的なことをを解説しているページです。
もう少しスペースがあれば、歩き方とか詳しく書けたのに、とナツミが残念がっておりました。
まあ、現場のことはガイドさんなどにしっかり教わってくださいな。
よろしくお願いしまーす。




ポチッといきたい方はコチラから
# by climbworks | 2011-01-24 13:34 | Media
最近、政治が混迷し、消費税アップも現実味をおびつつある感じですが、もし、自分が政治家で政権を取ったとしたら、こうするだろうなーってのを書き連ねてみました。
(某所に投稿したものの加筆修正版です。)

■消費税率アップ

衰退途上国ニッポンなので、これは避けては通れないものでしょう。福祉が充実した先進諸国からすれば、今の5%は安すぎですからね。。
で、フツーに上げるんじゃ納得いかないので、こうします。

300万円以上の車、1泊2万円以上の宿、無駄に高い宝石やバッグなど、いわゆる贅沢品は税率10%に上げる。
逆に、食料品や日用品は5%据え置きまたは3%に引き下げ。

追記:
いきなり17%(経済同友会提言)はしなくていいと思う。その前に無駄を省く努力を徹底的にすべし!


■高速道路無料化撤回、休日1000円も見直し

高速道路の無料化はバスやトラックなどに限定。
物流コストが下がれば、物価も安くなるはずだから、僕らの日常生活も楽になるかも。

逆に自家用車は無料化はもちろん見送りで、渋滞や環境汚染にもつながる今の休日1000円も廃止。従来の通勤割引や深夜・夜間割引を拡充すれば十分だと思う。とにかく、高速で走れる高速道路にしておくれ。

ハイブリッド車などいわゆるエコカーは無料でもいいかも。
(→エコカー補助金の代わりとなり新車も売れるんじゃないかな?)


■子供手当の見直し

手当なんていいから、中学生までは子供の医療費は完全無料。もちろん保育園入所待機者をゼロにすべく施設を整備し人材も確保。

落ちこぼれには補習を手厚くし、成績良い子は大学まで無料。

校舎の耐震化を完璧に進める(中国の地震倒壊現場みたいなのは見たくない)。


■公共事業

ダムはとりあえずいらない。今あるダムの改修・能力アップをはかる。場合によっては撤去もありでしょ。

ダム工事の代わりに、電柱の地中化を全国的に進める。同時に高速インターネット回線の整備やスマートグリッド化を推し進める。通信や省エネ産業が発展し、雇用も幅広い分野で促進されるはず。


■郵政

郵便業務はともかくとして、郵貯部門を民営化(はもうされちゃったけど)、株式上場は断固反対。
だって郵政の株が自由に取引されるようになったら、どうせ海外の投資家やハゲタカファンドが買いあさり、日本の田舎のおじいちゃん・おばあちゃんがコツコツ貯めたお金を全部外国に持ってかれちゃんだよ。
郵政民営化の最大の目的はコレ。外圧に屈してはならないと思う!


どうでしょうかね?


■その他、追記

友人から、パチンコ税の創設を提案されました。
どうせ変なところへ流れている金だから、事業主からはたっぷり徴収していいと思います。

あと、原発もいらんですね。最新の高効率火力発電でまかないながら、自然エネルギーにもっと目を向け、力を入れていくべきでしょうね。


さて、皆さんはいかがお考えでしょうか?
# by climbworks | 2011-01-22 02:00 | 日常
遅くなりましたが、最近のお仕事3冊まとめて。

f0039916_2233388.jpgField Life No.30
フィールドライフ 2010冬号 枻(えい)出版社
まずは人気のフリーマガジン「フィールドライフ」で久しぶりに書かせていただきました。
今回は冬遊び満載の号です。もうどこも品切れで手に入らないかな?

・P64-65
 てれまくり2011に行ってきた!


昨年3月に開催された、テレマークスキーの祭典「てれまくり」の参加レポートです。

フィールドライフ誌は、アウトドアブームのなか、「タダ」ということで、どの取扱店もあっという間になくなっちゃうようです。
Getしそこねた人は、以下のサイトで電子化されたものが閲覧できますので、ご覧ください。
http://webmag.ei-publishing.co.jp/fieldlife/new/_SWF_Window.html



f0039916_2543148.jpgPEAKS 2月号
ピークス No.15 2011年2月号 枻出版社
その存在感も定着してきた感がするPEAKS。
2月号も雪山特集です。
そして第2特集の「山岳文学の現在形」も見逃せません。

僕は、

・P38-43 雪山の疑問、現場で実証します!

得意の自虐系、現場実証の企画。
当初予定していたロケ現場は寒すぎて、カメラマンさんのデジタル一眼レフカメラが動かなくなり、標高をかなり落として取材してきました。
まあ、とにかく寒かった。それなのにアンドウ少年ときたら…。
詳細はぜひ誌面をご覧ください。

・P106 ぶらり超個性的山道具店
     第2回 長野・松本 ブンリン


日本各地の個性的山道具店をめぐる旅。連載2回目は松本のブンリンを訪れてみました。
こちらのオリジナルスキークランポンはオススメです。僕も今シーズンから使用開始します!



f0039916_317555.jpg山と渓谷 2月号
山と渓谷 2011年2月号 山と渓谷社

久しぶりにヤマケイ本誌で「初・中級向け 山スキーエリアガイド」の記事を書きました。

・P100-101 神楽ヶ峰~反射板コース

シーズン中、何度か行く「かぐら」のツアーコースのひとつを紹介した記事です。
カメラマンのアラカズ氏とプライヴェートで滑りに行ったとき、天気が良かったので写真を撮ってもらっていたのが採用されたのでした。ラッキーでしたね。

今シーズンもいろいろ滑りに行ってまた記事に採用されたいな。


遠慮しないで、ここからポチッといってください!
# by climbworks | 2011-01-19 03:19 | Media
四国のJFA会員(残念ながら11人しかいない)と香川の山岳会の依頼により、1月14・15日、
100岩場にもなっている香川の「紅ノ峰」のリボルト作業のお手伝いに行ってきました。
JFAからの手伝いは僕と室井五段。

前日の13日は午前中はモンベル本社で展示会見学&辰野会長と面会、午後から兵庫の岩場で起きている、けったいな事件の現場視察にも伺いました。
夜は兵庫と大阪の山岳連盟、KI-Net、兵庫労山加盟の団体の方、兵庫や滋賀の個人のクライマーらと
神戸登山研修所で会合。今後の対策について話し合いが持たれました。
いや~、変なことする人いるもんですね!ろくでもないです!!
詳しいことはKI-Netが主体となり、各団体連名で声明文が出されると思いますのでご注目ください。

13日夜は、関西地区JFAリボルトA級職人のN田さん宅にお世話になり、15日の朝、香川に向け出発。
約2時間半で現場着。日差しがぽかぽか暖かい、気持ちのいい岩場でした。
f0039916_22224399.jpg


この日は地元クライマーのF田さんだけがサポート。ところがこの人、3人分ぐらい働く人で助かりました。
F田さんの功績により、我々職人はフルパワーで作業でき、予定ルートの約半分が作業完了。


夜は日本一のアーケード街で名物料理と店の人が言い張るけど初めて聞いた「ちりとり焼き鍋」を
3人で食べに行きました。でも、香川と言えば、やっぱり讃岐うどんかな?(↓怪しい五段)
f0039916_22232954.jpg


15日はクソ寒い日でしたが、地元のクライマーの多数のサポート隊の皆さん、徳島からTAO理事、
兵庫からO崎次期理事、島根からS井理事兼職人の応援があり、主要ルートのほとんどをリボルト完了。
夜はみんなと香川市内で懇親会。とても有意義でした。
おまけに拙書「アウトドア・クライミング」や「PEAKS」も買っていただき、大感激。
本当にありがとうございました。

その紅ノ峰の岩場ですが、利用の注意や詳しい作業の模様がN田さんのマメマメ日記に書かれているので、
ぜひともご参照ください。

岩場は町田のグランベリーモールの名物ピナクルを本物にしたような感じで僕は好きです。
かなり傷んだ&怪しい支点がたくさんありましたが、ほぼケミカルボルトに打ち替わりました。
ケミカルが硬化完了する22日から登れるようになると思います。ぜひ行ってみてください。

最終日16日は地元の登山用品店「アイボスポーツ」さんを表敬訪問&某誌の取材。
こちらはかなり以前から「freefan」の販売協力をしてくださっているありがたいショップさんです。
店長さん、かなりユニークでステキな方でした。香川ツアーの際にはぜひ立ち寄りましょう。
(取材の模様は2月15日発売のPEAKS3月号に掲載予定です。ぜひご覧ください!)

取材&装備の片付け後、空港に向かう途中でようやく讃岐うどんにありつけました。
適当に入った店でしたが、やっぱりうまかったなあー。ぜひまた行きたいです、香川県。
f0039916_22253079.jpg


今回もたくさんのクライマーの皆さんに本当にお世話になりました。ありがとうございました!
# by climbworks | 2011-01-16 22:27 | Climbing

地震と原発

f0039916_22341992.jpgつい最近も地震がありましたが、日本は地震大国。
ふだん購読している雑誌「DAYS JAPAN」に、静岡県の浜岡原発が近い将来必ず発生すると言われている東海大地震に対しての脆弱性を論じた特集記事が目を引いたので紹介します。

結論から言えば、早く止めてくれ、です。

各電力会社、「原発は安全です」と言ってはいますが、これを読むとぜんぜん安全とは思えない。
記事を読んで初めて知ったのですが、国内の原発内で臨界事故もけっこう(こっそり)起きてる。
知らぬが仏とはまさに原発のことなんだなあと思います。
そもそも、原発がそんなに安全だったら、東京のお台場にでも作ればいいのに、絶対それはないでしょ?
結局は地方に押し付けているわけです。

あと、原発の危険性について、各マスコミは電力会社からのスポンサードを切られるのが怖くて、絶対報じないのも良くないこと。ただでさえつまらん報道しかしないマスコミ各社、ちゃんと仕事しろって感じです。
僕らはあまりに情報に疎すぎます。現実を直視して、上げるべき声は上げるべきではないでしょうか。

「DAYS JAPAN」は、全体に記事内容が偏りすぎ、掲載されている刺激が強すぎる、という意見もありますが、今のマスコミ全般のありようを見たら、この程度はっきりモノを言う雑誌があってちょうど良いと僕は思っています。


とにかく、まずは「DAYS JAPAN(1月号)」をご一読あれ。

# by climbworks | 2010-12-23 22:35 | Media