Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

今月のお仕事

表題とは関係ありませんが、今朝は早起きして自宅から自転車で15分ほど走ったところにある林にクワガタ探しに出かけました。しかし、早起きと言っても6時半起きで食事してから出かけるので現場到着は7時半ぐらい。この時間じゃ昆虫さんたちは寝床に帰ってますね。よってもちろん捕獲数はゼロ。
f0039916_23333314.jpg

気を取り直して、誰かが設置したブランコでひとしきり遊んだら、今度は玉川上水に移動して鯉の餌やり。餌と言ってもパンの耳を細かくちぎっただけなんですが、こちらは20匹ぐらいウジャウジャと寄ってくるので、やりがいがあります。
そしてようやく保育園に9時前に登園です。

午後は次号Rock&Snowの編集会議があるので、赤坂のヤマケイ編集部へ向かいます。
(しかし経費がカットされているので、自宅から編集部までの交通費はナシ! ここ数号取材費もかなりカットされているのでロクスノのために他の仕事をしなくてはいけない!/涙)

で、まずは36号の反省会と35号までの読者からのハガキの分析。
なんとロクスノ読者の年齢層は20代・30代で50%以上を占めていました。10代が10%弱、40代が20%弱で、思っていた以上に若い読者に支えられているのがわかりました。男女比は9:1(ちょっと寂しい)。居住地は50%以上が関東圏にお住まいの方。九州と近畿がほぼ同数で、続いて中部。関西クライマー頑張れって感じでした(逆に九州はスバラシイ!)。
反省点としては、やはりアクセス問題関連の扱いですかね。唯一の専門誌であるロクスノへのそれなりの期待みたいなものがあることを一応訴えておきました。

そして、35号では、よかった記事として、撮影・編集を担当する「岡野寛の”岩旅”」が5位タイにランクイン。励みになりますねー。岡野のWC参戦もこれぐらいになれば万々歳なのですが、どちらも引き続き応援お願いします!

ついでに、今月発売された私がやった雑誌関連の仕事をご紹介しておきますね。
f0039916_23344880.jpg

『山と渓谷』7月号
 P104~ 連載:なくてはならない山の小物たち7 シュラフカバー
 P142~147 ひざ痛関連Goodsタイアップ記事(写真も登場?) 
 P197   Yamakei Journal ~Goods関連の記事
 P223   栗城史多さん、チョ・オユー無酸素単独登頂成功のプチ記事

f0039916_23455277.jpg

『Rock&Snow』#036
 P22~  最新カム&ナッツスーパーガイド
 P78~  RS職人(黒田誠さん
 P136~ 岡野寛の”岩旅”(写真と構成)

こんなところかなー? 良かったら読んでください。
ちなみにロクスノはここ数号の中では今のところイチバンの売れ行きだそうです。これで赤字が解消できれば、もうしばらくは存続できそうです。

ご購読いただいている皆様には心より感謝申し上げます。

さて、次のロクスノが始まる前に freefan にかからねば!
by climbworks | 2007-06-29 00:10 | しごと