Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ホテル・ルワンダ

以前にClimbworksのHPの掲示板に「見たい!」と書いた映画がようやく国内公開されたので観てきました。
その日は仕事の打ち合わせのため久々に都心に出たのですが、最初の打ち合わせと次の打ち合わせの間に2時間以上時間が空いたので、これはチャンスとばかりに、打ち合わせに入る前に劇場へ行き、入場券を買いました(事実上、席の予約)。
劇場は渋谷の「シアターN」。とても小さな映画館でしたが水曜日(誰でも1000円で鑑賞可能)ということもあり、満席&立見多数でした。ストーリーはこちらの公式HPを参照してください。
f0039916_23493523.jpg

結論を言えば、これは”観るべき”映画ですね。同様のことはおそらく世界中で起きているだろうけど、遠く離れた日本ではこういった事実はなかなかちゃんと伝えられないし、映画でも描かれているとおり世界は黙殺しようとしているわけです。また、アフリカだけでなく、イラク・アフガニスタン・イスラエルetc、世界で起きている紛争、宗教・民族対立には必ずといっていいほど大国の影(利益追求やエゴ)が見え隠れしています。この映画でも、ストーリーに感動するだけでなく、そういったところまで読み取れればいいのではないでしょうか?

それにしても、映画は南アフリカ・イギリス・イタリアの共同製作になっていますが、キャスティングやスタッフに多くのハリウッド映画人(でも、最近はアメリカ人以外が多いか…)が参加しているのを見ると、アメリカという国はまだまだ捨てたもんではないなと、ほんの少し安心するのでした(もちろん政府はファッキンだけどね)。

よし、今年は2本目。目標まであと8本です。今回行ったシアターNはななか良い作品を上映しているのでたまにチェック入れたいと思います。
by climbworks | 2006-02-08 22:56 | Movie