Freeclimbing is not a crime!


by climbworks
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:Snow( 46 )

カメラマンの新井和也氏と雪山関連の素材撮影のために上越方面に出かけました。
第一目標は神楽峰だったのですが、関越トンネルを超えると雪はゴン降りでスキー場のチケット売り場のお姉ちゃんは「今日は強風のため、かぐらのゴンドラは動いてないので、みつまたエリアのみですが、リフト代3500円(1日)でいいです」とのこと。
まあ、この天気。悩んでも仕方ないので、天候回復を待ちつつ、まだ今シーズンやっていないビーコントレーニングでもしようということになりました。しかもバレンタインデー企画ということで、男性客のみドリンクサービス券と次回の割引券のプレゼントもあり、少しラッキー。

みつまたで1本滑っていると場内放送があり、「かぐらのゴンドラ運転開始します」との知らせ。もちろん速攻でゴンドラ乗り場へ向かい、3番機GET。上に上がると確かに強風で視界も悪し。雪は降り続いています。山頂アタックは諦めざるを得ない状況でしたが、とりあえず1本だけ動いているリフトに向かってダッシュ。2番機に乗ります。
f0039916_324639.jpg
とりあえずメインゲレンデを1本滑降。パフパフすぎて板が進みません。これは行くしかないでしょうと2本目はテクニカルコースへ突入。最高!
f0039916_3242510.jpg

実はテレマークではあんな深雪コース滑るのは初めてでしたが、むろん華麗なテレマークターンなんぞは無理ですが、昔とった杵柄(かつてボードでパウダー狙いばかりしていた)で、ピステン入ったところより楽しく滑れちゃいます。メインゲレンデのリフトしか動いてないので、最後はちょいときついハイクアップがあるのですが、ここをヘロヘロになるまで5~6本回しました。充実。
だいぶ人が入ってきて荒れてきたので、昼食。けんちんそば&いなりのセット。
f0039916_327268.jpg


二人ともあまり寝てないこともあって、長めの休憩のあとはビーコントレーニングを開始。
f0039916_3294681.jpg

2台のマムート・パルスバリーボックスと1台のアナログ(F1フォーカス)で複数埋没者捜索などの練習。こいつをしっかりやっているか、いないかで、間違いなく生死を分かつことになります。新井氏と交代で2台のビーコンを雪中に埋め、もう1台で交互に探しあう方法です。雪山版ハイテクかくれんぼ。念のため、アナログでの捜索練習もやりました。
(以上、(そば以外)写真提供:新井和也

1時間ほどビーコントレをやって、ふたたびコースを見上げると、さらに雪がひどくなった感じです。
お昼までいた女子大生合宿チームご一行様は下のほうへ退避された模様。おかげでメインゲレンデはガラガラでリセット状態。圧雪面に15~20㎝の深雪でテレマークには非常に滑りやすい状況。テレ歴8年の新井氏にいろいろアドバイスも受けながら営業終了まで回し続けました。

長い下山コースを”みつまた”まで降りて、もう1本だけ滑り駐車場へ降りました。
帰りに温泉に立ち寄り、1月のRONDOツアーのときに舞子スキー場に忘れたサポーターを取りに行って帰路につきました。撮影はできませんでしたが、よいテレ修行になりました。

f0039916_3292244.jpg
1時間の入浴時間のうちに車はこの有様。かなり降っていました♪
by climbworks | 2008-02-15 23:36 | Snow

またスキー行ってました

ちと古いネタですが、先週の金・土とまた白馬へ行ってきました。
1日・金曜日は、朝、某所にてリフト券をGET後、Hakuba47スキー場へ。
f0039916_3275764.jpg
アルプス平へ上がるとガスってましたが、家族でひらすら修行。
f0039916_3281583.jpg

夕方になってようやく五竜岳が見えました。

宿泊は前回のホテル丸大へ。
温泉入って爆睡と行きたかったのですが、ヤマケイ3月号の校正作業中で、編集部からの校正紙の画像を携帯電話経由でダウンロードしたら、パケット代が2000円を超えてしまいました。Docomoのデータ通信代、高すぎ! ウィルコムにするぞ!

翌2日は白馬コルチナスキー場へ。
f0039916_3405972.jpg
はくのり側のエリアにオフピステの残骸が少しあったので、少しだけパウダー練習。
テレマーカーがたくさんいた(しかもレベルは僕並み。もちろん上手い人もいた)ので、励みになりました。
夕方まで滑りまくって、お風呂入って、ブルクリへ。
皆で焼八に行くつもりでしたが、息子が昼寝ナシで滑べったために疲れ果て、グズったためにやむなくそのまま帰路につきました。
f0039916_3403813.jpg


白馬では大して降ってなかったのに、中央道に乗ったあたりから、ゴン降り。みるみる道は白くなっていきましたが、須玉ぐらいで雪は消え、無事帰宅しました。

久々の燃費報告。
f0039916_3411037.jpg

冬なのにこの数値。さすが15インチX-Iceです。←わかる人にはわかる!
by climbworks | 2008-02-07 03:44 | Snow

スキー&スノボツアー

今日はヤマケイの編集作業が軽く一息ついていたので、ふだんクライミングレッスンの仕事でお邪魔しているRONDOフィットネスクラブのスキー&スノボツアーに参戦してきました。行き先は新潟県の舞子スキー場。
全参加者25名のうち、5名がクライミングの常連さんなので、僕が行かないわけにはいきません。
チャーターバスで行くので、行きも帰りも爆睡できて、たまにはこういうのも良し、です。
新しいお客さんの開拓にもなるし、RONDOのスタッフにもお世話になっているので、お客さんの荷物の積み下ろしなど手伝ったりもして…。
f0039916_23131288.jpg
         フィットネススタッフのUDAGAWAくん。車酔いになりながらも独特なトークで皆を楽しませてくれました。


f0039916_2326982.jpg
そして、着いてみるとこんな貸切部屋が用意されていて、着替えや荷物置きが楽勝!
実はもう一人の添乗スタッフのKUMAGAIさんおお父さんが、このスキー場のホテルの支配人さんなんです!
さらにスキー後の温泉もタダ。これまで参加したRONDOのツアーでは一番待遇良かったかも!

で、いつものように滑りの写真はありません。
  ※今回撮った写真、上の2枚だけ(カメラ泣いてる?!)

現地滞在6時間半のうち、昼食に20分、トイレ休憩1回以外はただひたすら、黙々と1人で滑りまくり。
おかげで、ようやくテレマークターンの何たるかが、わかりかけてきたような気がしました。
雪質もまずまずで、スキー場到着時間は遅かったけど、パウダーの残骸も味わえました♪

今回もうひとつ気づいたこと。クライミング同様、滑りもウォーミングアップが重要。良い修行になりました。

参加された皆さん、UDAGAWAくん、KUMAGAIさん、お疲れ様&ありがとうございました!!
また参加させてくださいね!!
by climbworks | 2008-01-27 23:35 | Snow
1月4日。正月のスキー旅行も3日目。次のネタが書けないので一気に片付けちゃいます。

夜中はずっと小雪が降っていたみたいですが、朝、目が覚めると青空も見えはじめていました。
これは急がねば!と、妻子も妻実家家族も放っぽりだして、単独で、リフトの営業開始時刻の8時半前に長坂ゴンドラ乗り場へ向かい、半日券を購入。すでに20人近くにの人が並んでましたが、前日は団体行動だったので、リフト券購入からゴンドラに乗るのに20分ぐらい待たなくてはいけない状況でしたが、今日は問題なし。

ゴンドラに15分ぐらい乗り、下りたら「やまびこゲレンデ」方面へダッシュ。このころ雪が再びゴンゴンと降ってきました。やまびこゲレンデは毛無山山頂直下の野沢温泉スキー場ではもっとも標高が高い場所にあり、雪質もグーなのは昨日確認済み。

ゲレンデトップにはまだ数人しかいません。圧雪されたコースの上に20㌢ほど軽い新雪が乗った状態で、まだ降り積もり続けています。テレマーク初級者には最高のコンディション(かな?)。
f0039916_1581045.jpg

とりあえずゲレンデを滑りまくり、人が徐々に増えてきたところで、やまびこAコースとBコースの間にあるツリーに突入してみることにしました。視界は悪かったですが、ここは左右どちらに出てもコースに戻ることができ、真ん中に行けば、ちゃんとリフト乗り場に出れるので、効率よくオフピステを滑ることができます。

昨日までの凸凹が若干残ってましたが、ほぼリセット状態。夢中になって、もちろん雪まみれになって滑りまくりました。なんとなくオフピステ、しかもパウダーでの滑りの感覚がつかめてきた感じです。むろんボードのように自由自在というわけにはいきませんが、とりあえずテレマークでも意味不明な叫び声をあげながら滑れるようになったのは収穫です。一昨日の特訓が効いてる感じ。

ヘトヘトになったころに家族に連絡しようとすると、携帯電話がない! 中間着のポケットに入れておいたのですが、ジッパーが開いていつの間にか飛び出しちゃたみたいでした。半分あきらめてパトロールの事務所に尋ねてみると、なんと上(やまびこコース)のリフト乗り場に届いているとのこと。あの大雪のなか、奇跡としか言いようがありません。

で、携帯を受け取りに行ったついでにまた5~6本滑ってしまいました。そしたら川崎から単独でやったきたというテレマーク歴8年と言う兄ちゃんとリフトが一緒になってしまい、さらに3本ほど滑ってしまいました。

携帯を回収してようやく家族と連絡が取れ、気がつくとリフト午前券のタイムリミットの5分前。宿の方面に下りるためのコースへ行くためには連絡リフトに乗らなくてはいけません。
毛無山の山頂付近から一気に下り、連絡リフト前は軽い登りと平坦路があり、そこを猛ダッシュで歩きました(ああ、テレマークでよかった)。

あきらめて下山しようとしていた妻子にもギリギリ追いつき、最後はロングコースを3人で滑りおりました。
ほぼ4時間滑りとおしで半日券の元を十二分にとった最終日でした。宿に戻ってSKINSを着込み、帰路へつきました。

(おしまい)
by climbworks | 2008-01-13 02:26 | Snow
微妙に忙しくて更新が滞り気味なのですが、少しずつでも正月旅行のことを
アップしていきたいと思います。

新年明けて2日~4日の2泊3日で長野県の野沢温泉スキー場へ行ってきました。
毎年恒例の妻実家との家族旅行です。総勢9名と1匹の大所帯。

僕はあくまでゲスト的な立場なので、「どこに(滑りに)行きたい」などとは言えません。
「今年は野沢温泉」と言われればそれに従うのみ。
それでネットでスキー場のことを調べると、なんと今年からテレマークスキーのレッスン
開講しているという情報をキャッチ。
年末の白馬初滑りツアーでは講習を受けることができなかったので、速攻申し込みました。

2日の朝4時半に立川を出発。
ETCカード2枚を駆使して、深夜早朝割引、通勤割引×2で、通常5400円のところを
3200円の高速料金で入間ICから上信越道の豊田飯山ICまで行けました。

途中朝飯など食いつつ、8時半ぐらいには野沢温泉の宿には着いたのですが、
前夜の大雪で、民宿の駐車場から出る車の除雪のためなかなか駐車できず、
更衣室でウエアに着替え始められたのが9時過ぎになってしまいました(汗)。

野沢温泉スキー場は昔ながらの温泉街にあるスキー場なので、宿からゲレンデまでの
アクセスが非常に悪く、シャトルバスとかも走っているのですが、宿の場所によっては
バスがいつも満員で乗ることができません。当然のごとく家族は放っぽり出して、
結局スキー担いで一人ゲレンデまで走りました。

案の定、スクールの集合場所では「テレマーククラスのDsukeさーん!」と呼ぶ声が。
10時の午前の部の開始時刻1分前に到着したのですが、汗だくです。
何人いるのかと思いきや、テレマーククラスの参加者は僕一人。ラッキー!

料金表ではプライベートレッスンを申し込むと1日2万円なわけですが、
通常のテレマークレッスンは1日6000円(レンタル付きの場合は9000円)で、
もちろん、6000円プラスリフト代だけでたっぷりマンツーマンで受講することができました。

午前は基礎練習。体重移動やスキーのずらし方(テレマーク姿勢の取り方)などを
みっちり教わりました。
自分も3シーズン目ということもあるのかもしれませんが、今回当たったインストラクターの
志水隆介さんはテレマーク歴2年(もちろんその前にアルペン選手・イントラ歴が長いのだけど)で
TAJの公認指導員に合格するほどの滑り手。すごくわかりやすい!! もちろん超ウマ!
なんか自分も上手くなったような気がする。いや上手くなったに違いない!と満足気分で
午前の部はアッという間に過ぎていきました。

昼食はゲレンデのレストランでカレーとミートソーススパゲティのてんこ盛りコンボセットを
食してエネルギー充填。

f0039916_2392377.jpg

1時間後、午後のレッスンの始まり。こんどはゴンドラに乗っていきなりゲレンデ最上部まで移動。
フォームの修正などの指導をしてもらいながら、志水さんに上のコース説明をしてもらってる感じ。
しまいにはスキー場内の圧雪が入らない場所を教えてもらうという、プチパウダーガイド状態。
もちろん雪まみれになりましたが、すんごい楽しかったです。

ベースに戻った時にはレッスン時間をかなりオーバーしていました。いやあホント大満足。
機会があれば、また志水さんに教わりたいと思いました。

f0039916_239425.jpg

右が志水隆介指導員。K2やガルモントのサポートも受けているライダーです。
大変お世話になりました! 今度、山、行きましょう!!

(2日目へつづく)
by climbworks | 2008-01-07 02:48 | Snow

BLUECLIFF宴会

さて、12月22日、ブルクリ宴会です。激しいのは始まる前からわかっています。

まずはカンパーイ!
f0039916_23203494.jpg


エリちゃん手作りのおいしい料理がごんごん出てきます。お酒もシャンパンから始まり、ビール、ワイン、日本酒、なんでもありです。
そんななか、もっとも飛ばしていたのが、先日の北海道ツアーでシーズン初めからパウダーを当てまくったOZW氏。

そしてクリスマスケーキも登場。
f0039916_23243337.jpg


誕生日みたーい!と僭越にも”ふー”をさせていただく息子。
f0039916_2325391.jpg


僕も愛用しているSKINSのショーもありました。
こんな姿を見ると穿きたくないかもしれませんが、マジにこれいいです。
f0039916_23273331.jpg


そして、撃沈したジャック・スパロウ船長(OZW氏)。
f0039916_23305042.jpg


そしてこの人がメイクさんです。Good Job! 調理サポートもお疲れさまでした。
f0039916_23321129.jpg


こうして白馬BLUECLIFFの夜は更けていくのでした・・・。
今シーズンも皆様の安全山行を心よりお祈りしています。
シーズン終了後、皆さんの笑顔とともにまた火祭りでハジケましょう!
(その前に数々の宴をこなさなきゃいけないでしょうが…)

翌朝、みんなは山へ上がって行ったようですが、仕事があるのでD-sukeファミリーは白馬を後にしました。やや二日酔いでした。
by climbworks | 2007-12-25 23:40 | Snow

初滑りツアー詳報

12月21日(金)ひと足早いクリスマス休暇に突入。

バックカントリーガイドをやってて旧友のTAKIちゃんが主宰しているBLUECLIFFの07/08シーズン安全祈願忘年会兼クリスマスパーティー兼TAKI&ERIちゃん結婚9周年オメデトウパーティーに参加するために白馬へ向います。

21日は朝5時前に出発したにもかかわらず、交通事故渋滞などで遅くなったので、白馬手前のサンアルピナ鹿島槍で滑ったのは先日お伝えしたとおり。

夜はTAKIちゃんたちがまだ北海道から帰ってきてないので、インターネットで予約した五竜スキー場のリフト券つき格安パック民宿へ泊まる予定でした。
大人2人幼児1泊2食付温泉民宿+リフト券1日券2枚(幼児無料)+食事券1000円分×2+白馬村内で使える現地通貨1200円分付きで、しめて22800円なり。かなりお得です。
(詳細・予約はコチラへ)

まずはJR神城駅内の観光案内所にクーポンをもらいに行きます。
f0039916_11414616.jpg


今回は登山はしないので、補導される心配はありません(笑)。
f0039916_1142343.jpg


ついた民宿がここ。昔ながらの雰囲気バリバリです。
f0039916_11445564.jpg


荷物を下ろそうとしていたら、おばちゃんがやって来て「まだ民宿のほうは準備ができてないから…」といきなりのアップグレード(差額ナシ!)。もちろん温泉つき!
f0039916_11531856.jpg


夕食もご覧のとおり食べきれないほど(子供も大人と同じ量でした)。
f0039916_11544678.jpg


快適な夜を過ごしたあと、2日目は五竜スキー場へ。息子がここのキッズスクールがお気に入りなのです。今回もお姉ちゃん先生(19歳!)に当たりデレデレ(↓体操中)。
f0039916_1214332.jpg


しかし、この先生、教え方が上手だったのか、終わる頃には緩斜面では自由にターンができるようになっていました。さらに中級コースも頑張れば滑れるように。あとは1人でリフトに乗れるようになれば文句なし!(来年かな?)
f0039916_1252895.jpg


さて、僕のテレマークのほうはと言えば、うーん、聞かないでください…。
写真撮る暇ないぐらい、修行したのですが…。また頑張ります!!

午後もたっぷり滑ったあとは温泉に入って、BULECLIFFに向います。
宴会の模様はまた後ほどアップします。
by climbworks | 2007-12-25 12:12 | Snow
今日は白馬までの道が途中事故で渋滞したりしたので、手前のサンアルピナ鹿島槍で滑りました。
なんと今日までリフト1日券が2000円&幼児タダ。貧乏家族にはありがたかったです。
雪質もまずまずで、上部ではパウダーも!(しかしスキーじゃまだ楽しめん!)
だけど、前の板みたいに自然沈下はなく、さすがセミファット! いい感じです旧リリックちゃん。

足はすでに筋肉痛が始まってますが、明日も1日修行して、夜はブルクリ宴会です!

more
by climbworks | 2007-12-21 21:26 | Snow
やや出遅れた感は否めませんが、いよいよSNOWシーズンに入ります。
明日、早朝より白馬へ向います。今回は家族連れで、しかもボードは持たないで行くので、
ひたすらゲレンデでテレ修行です。

そんなわけで、今日は午前中、息子の歌や演技のお楽しみ発表会を保育園に観に行って、
午後はひたすらスキー3セット、HOTWAXがけでした…。そして荷造り。
f0039916_2225047.jpg


では皆さん、白馬(BLUECLIFF宴会)でお会いしましょう! ナハハハ…
by climbworks | 2007-12-20 22:25 | Snow
<東京新聞ウェブサイトより>2007年11月23日 20時29分

 23日正午すぎ、北海道・十勝岳連峰の上ホロカメットク山(1、920メートル)の安政火口付近(約1800メートル)で雪崩があり、登山中の日本山岳会北海道支部の会員5人が巻き込まれた。4人が救出されたが、1人の行方が分かっていない。

 道警富良野署によると、救出された4人のうち、男性2人と女性1人が意識不明の重体で、別の女性1人が腰にけがをしているという。また、5人以外に巻き込まれた人がいるとの情報もあり、確認を急いでいる。

 同署などによると、一行は23日午前10時半ごろ、12人で登山を開始。途中1人が下山し、11人で登山を続けている際に雪崩に遭ったという。

 23日は日没となったため、現場付近での捜索は24日朝からになる見込み。

 現場の安政火口付近では今月13日、山スキーをしていた札幌市の男性が巻き込まれ、道警ヘリで救出される雪崩があったばかり。

(共同)

---------------------

昨日は、「シーズン目前」などと書きましたが、それは僕だけで、世間は思いっきりシーズンイン
してましたね。。。

ちょうど、雪崩訓練に関する記事を編集してたので、あまりにタイムリーなニュース。
実際には、僕の仕事に対するモチベーションを上げるには確かにタイムリーですが、
遭難された方には手遅れとしか言えません。

報道にもあるようにここは先週も雪崩事故があったばかりの山。
1人行方不明ってことは、例によってビーコン携帯してなかったのでしょうか?

登山者の皆さん、
ビーコンプローブショベル”三種の神器”
必ず持って雪山に入りましょう!


D-sukeからのお願いです。
by climbworks | 2007-11-23 21:51 | Snow